プロ転向した羽生結弦 世界初認定された4Aを記念したグッズの発売が決定

7月19日にプロ転向を表明し、日本スポーツ界に多大なる功績を残し続けてきた羽生結弦。
北京五輪ではフィギュアスケート界で初めて4回転アクセル(4A)が公認されるなど、常に日本のフィギュアスケートを、そして世界のフィギュアスケート界の先頭を滑り続けている。

そんな羽生結弦の功績・軌跡を辿れるような記念グッズが発売されることが決定した。
記念グッズのタイトルは「9歳の僕と王様のジャンプ」

北京五輪終了後に羽生結弦が語った「9歳の頃の僕が「飛べ」と言ったんです」というフレーズからインスピレーションを受けたグッズが全3パターン発売される。

1つ目の「9歳の僕」記念グッズは、羽生結弦の書き下ろしメッセージ付きポストカードや、9歳のスケーティング写真を活用した両面ポスターやクリアファイルなどが含まれるセットで、目玉は切手が10枚セットになっている記念切手となっている。

2つ目の「王様のジャンプ」記念グッズは、トップアスリートを走り続けている羽生結弦をイメージし、ゴールドにカラーリングされたスマホリングや、ご自身の使用用途に合わせて変形できるマジックタオル、両面ポスター、クリアファイル、「9歳の僕」と同様に切手が10枚セットになった記念切手が含まれるセットとなっている。

3つ目の「9歳の僕と王様のジャンプ」記念グッズは、全てのグッズがセットとなっており、セット限定のオリジナル切手フレームが付いている。

7月20日(水)10時よりから予約販売がスタート。なおクリアファイルに関しては予約販売限定のデザインとなっているので、お早目のご予約をお勧めします。
一般販売は9月28日(予定)からとなっており、売り切れ次第終了となるので、是非チェックしてもらいたい記念グッズとなっている。
※デザインなどは予告なく変更になる可能性が御座います。