勝てば最終予選進出決定!FIFAワールドカップ アジア2次予選 日本×ミャンマー 5/28生中継

★中村憲剛(元日本代表MF) がフル代表初解説!
★ぺこぱがフクアリで応援!日韓戦に続きゲスト出演!
★スロー再生に4Dリプレイ(自由視点リプレイ)採用!
★出先でもスマホでも!試合映像のTVer配信決定!
★出場選手のサイン入りユニや高級和牛ギフトが当たるデータ放送ゲーム実施

日本テレビでは5月28日(金)よる7時より、「FIFAワールドカップアジア2次予選 日本×ミャンマー」を千葉・フクダ電子アリーナから生中継でお送りします。19年9月からスタートした2次予選で5連勝中の日本代表は、この試合に勝利すると最終予選進出が決定します。

注目は予選開幕から全試合連続ゴール中の日本の10番・南野拓実(サウサンプトン【イングランド】)。開幕から5試合連続得点は、3試合連続の三浦知良(横浜FC)を上回り歴代最多。予選での連続得点記録は7試合の本田圭佑(ネフチ・バクー【アゼルバイジャン】)。開幕からの歴代最多記録を更新 すると共に本田超えへあと一歩に迫る6試合連続ゴールに期待が高まります。

そして、東京五輪の中心選手であり、フル代表でも活躍する日本の至宝19歳・久保建英(ヘタフェ【スペイン】)にも注目。19年9月にアウェーで行われたミャンマー戦でW杯予選・日本代表最年少出場記録を樹立。今回のホームでのミャンマー戦では内田篤人が持つ20歳87日の予選での日本代表最年少得点の記録が更新されるのかも気になるところです。

ミャンマーとの前回対戦は、カタールへの船出となった19年9月10日2次予選初戦。前半に中島翔哉と南野拓実の得点で勝利しています。森保ジャパンは、ゴールラッシュで最終予選進出を決め、無観客開催となったこの試合をテレビの前で声援を送る日本中のファンへの期待に応えることが出来るか、注目です。

この注目の試合中継に、昨シーズンで現役を引退した元日本代表MFの中村憲剛さんが、ゲスト解説として出演することが決定。中村さんがフル代表の試合で解説を担当されるのは今回が初となります。
中村さんは、2010年に南アフリカで行われたFIFAワールドカップの出場経験を有し、W杯予選の厳しさを知る一人であり、また、昨シーズンまで現役でプレーをされていたことから、現役選手に近い目線でこの大一番を掘り下げて解説をいただきます。

そして、お笑いコンビ・ぺこぱ(シュウペイ・松陰寺太勇)のゲスト出演も決定。サッカー情報番組「サッカー★アース」(日本テレビ(関東ローカル)・不定期放送)のMCも務めるお二人には、無観客で行われるこの大一番を、サポーターの皆さまを代表して現地・フクダ電子アリーナにて見届けていただきます。

【ぺこぱ コメント】
松陰寺 「まだまだ通過点なので、プレッシャーはあると思うけど勝ちきって欲しい。(ぺこぱが会場に行けば負けないという)不敗神話を継続中なので、安心して下さい。絶対に日本代表は勝ちます!!」

シュウペイ 「W杯予選は簡単には通過できないドラマがあるので、しっかり戦い抜いて、日本らしいサッカーで勝利を掴んでください。サッカーは90分を通しての戦いなので、1分1秒プレーに集中して、視聴者の皆さんも一緒に応援しましょう!」

さらに、今回の試合中継には、自由視点テクノロジーなどスポーツテックを取り扱うCBC株式会社(本社:東京都中央区月島)の技術協力により「4D リプレイ」を採用します。会場のフクダ電子アリーナの客席内コンコースに専用カメラを100台設置し、ゴールシーンなど注目シーンのスロー再生時に臨場感あふれ、高品質な4Dリプレイ(自由視点リプレイ)映像を挿入。独自の「タイムスライス方式」をベースに、4Kカメラの遠隔制御技術と時間制御機能、高速映像処理の最新アルゴリズムを組み合わせることで、世界最速5秒未満で高画質な自由視点映像を制作します。最終予選進出がかかる大一番で日本代表が躍動するシーンの数々を通常の中継では見ることが出来ないアングルからお楽しみ下さい。

また、テレビが無い環境でも、スマホやPCで番組を地上波と同時にリアルタイムでご視聴頂ける民放公式テレビポータルTVerでの、試合映像ライブ配信も実施。いつでもどこでもサッカー日本代表戦を楽しむことが出来る、新しいスポーツ中継の楽しみ方をご提案します。(注:TVerでのぺこぱの出演はありません。)

地上波・データ放送では、ハーフタイムに豪華プレゼントが当たるゲーム企画『日本代表 連続シュートセーブゲーム』を実施!対戦相手が次々に放つシュートを、ゴールキーパーを操作し、セービングしていただきます。セーブした数に応じて、日本代表選手全員のサイン入り代表ユニフォーム、高級和牛カタログギフト1万円分、Yogibo Mini(ヨギボー ミニ)など豪華プレゼントに応募できます! 詳細は、番組公式ホームページをご覧ください。

(C)NTV

放送・配信概要
【番組名】 FIFAワールドカップ アジア2次予選 日本代表×ミャンマー代表
【試合会場】千葉・フクダ電子アリーナ
【放送・配信日時】
地上波 5月28日(金)午後7時~午後9時24分 生中継(日テレ系28局+UMK)
TVer 5月28日(金)午後7時20分頃 ~ 試合終了
※データ放送ゲーム『日本代表 連続シュートセーブゲーム』は、ハーフタイムに実施します。

【出演者】
解説:北澤 豪(元日本代表MF)
ゲスト解説:中村憲剛(元日本代表MF)
ゲスト:ぺこぱ(シュウペイ・松陰寺太勇)
実況:山本紘之(日本テレビアナウンサー)
ピッチリポート:中野謙吾(日本テレビアナウンサー)

【番組公式HP】 http://www.ntv.co.jp/daihyo/
【番組公式ツイッター】 @ntv_football
【番組公式インスタグラム】 ntv_football
*提供画像 ©NTV