米版『SASUKE』『筋肉番付』の世界配信が決定!

©TBSテレビ

TBSは全米ケーブル局「G4」との間で、スポーツエンターテインメント番組『SASUKE』のアメリカリメイク版などのライセンス契約で合意をした。これにより、『SASUKE』と『筋肉番付』(2002年までTBSで放送)のアメリカリメイク版が世界配信されることになる。

このたび、ライセンス契約が締結されたのは、米版『SASUKE』(現地タイトル:『Ninja Warrior』)、米版『筋肉番付』(現地タイトル:『Unbeatable Banzuke』)と、インドネシア・タイ版の『風雲!たけし城』の3番組。G4のケーブルチャンネルで全米放送されるほか、『SASUKE』『筋肉番付』の2番組については、G4のインターネットチャンネルにおいて、世界(一部地域をのぞく)配信される予定。ライブ配信中は、G4がキャスティングするナビゲーターが視聴者コメントを随時受け付け、ゲーム実況さながらの臨場感をめざす。

今回の合意を受け、TBSメディアビジネス局・安倍純子局長は「アメリカをはじめ各国で放送されている『SASUKE』ですが、まだ見たことのない世代の人たちに『SASUKE』の魅力に触れ、新たな体験をしていただく大きなきっかけとなり楽しみです」とコメントしている。

G4は2002年に開局した全米ケーブル局で、ゲーマーの若い男性がメイン視聴者層。米版『SASUKE』は『Ninja Warrior』のタイトルで2006年に深夜で放送を開始。早々から人気に火が付き、平日ゴールデンの帯番組に進出するなど、局の看板番組に成長した。G4は2014年に閉局したが、ゲーマー人口が世界で増え続ける中、今年7月に復活することが発表されている。

G4のブライアン・テゥィリガー本部長(編成・戦略担当)は、「何千もの復活をのぞむ声がG4にこれまで寄せられるなど、『Ninja Warrior』は地球上で一番熱いファンをもつ番組です。ファンの意志の強さや実行力たるや、番組内の真剣勝負と匹敵するほどです」と話している。

■TBS海外事業について
TBSは1960年代以降50年以上にわたり海外展開に積極的に取り組んでおり、特に「フォーマット番販」の分野では世界的にも草分け的な存在。これまで米 Bellon Entertainment 社と共同で、世界160以上の国・地域で200種類近く、数千話におよぶ「フォーマット番販」によるTBS番組の各国版制作を実現しており、各国で国民的な人気を博した(博している)番組も多数。またドラマやアニメなどすべてのジャンルの番組や映画も販売しており、累計の販売実績は、世界160を超える国・地域に数百タイトル、数万話におよび、テレビ、映画ともに「コンテンツ・プロバイダー」としての世界におけるプレゼンスを確立している。特に近年は配信やIP活用による商品化、出版、テーマパーク、タイアップなど「マルチ展開」にも活動を広げている。2019年には、「海外ビジネスセンター」を開設し、海外展開の一層の強化を図っている。

[TBS海外番販TBSホールディングス公式サイト]https://www.tbsholdings.co.jp/en/

■G4について
G4は「ゲーマーによるゲーマーのため」の次世代ネットワーク。創業時の理念を堅持し、過去に好評を得た番組はもちろんのこと、ゲームコミュニティーの情熱を刺激するオリジナル新作番組もひっさげ2021年に再び放送を開始する。
本社は米ロサンゼルスだが、ゲーマーが集まる場所にはどこにでもサービスを提供する予定。コンテンツ・コマース・体験によって、ゲーム革新に新たなスタンダードを作ることを目標にしている。

*提供画像 ©TBSテレビ