元日本代表の星奈津美、藤井瑞希とauじぶん銀行社長が「夢の教室」と「お金の授業」を小学校で開催

auじぶん銀行が、公益財団法人日本サッカー協会(以下 JFA)が行う社会貢献活動「JFAこころのプロジェクト」の協賛スポンサーとして、2021年3月8日と3月9日に元日本代表の星奈津美と藤井瑞希を“夢先生”として迎え、東大阪市立英田南小学校にて、「夢の教室」を開催した。また、3月8日にはauじぶん銀行社長の臼井が特別授業「お金の授業」を実施した。

auじぶん銀行「夢の教室」は今回が第2回目の開催となり、東大阪市立英田南小学校の5年生3クラスに向け、「夢の教室」とともに「お金の授業」(以下 本授業)をオンライン形式で実施した。本授業では、子どもに向けた金融教育コンテンツとして作成した「auじぶん銀行劇場 金融昔ばなし」を教材とし、動画を通じて「働くこと、お金を稼ぐこと」「お金の循環」「いろいろなお金の払い方」などについて学んでもらった。
東大阪市立英田南小学校の池田校長先生と同窓である社長の臼井の縁で開催に至った本授業では、学生時代の校長先生の写真を生徒にお披露目し、生徒から大きな歓声が上がるなど、池田校長先生も同席のもと和やかに進んだ。

「お金の授業」を実施した背景には、未来の大人である子どもたちに、人生100年時代をより豊かに過ごしてもらいたい、との想いがある。欧米諸国においては、小学校に相当する教育課程からお金に関する授業があり、「金融教育」を受けて育つが、日本ではその機会がない。子どもたちが金融教育を受ける機会を作ることが、将来の「投資から資産形成へ」の第一歩に繋がることを願い、今後も本活動を続けていく。

また、「夢の教室」では、元水泳日本代表の星奈津美、元バドミントン女子ダブルス日本代表の藤井瑞希が、日本代表に選ばれメダルを獲得するに至るまでの努力や挫折、仲間や感謝の気持ちの大切さについて語ってくれた。獲得したメダルを画面越しに生徒に見せるシーンでは、各クラスから感嘆の声が漏れた。
合間にクイズを挟み、夢シートを作成しながら将来の夢について考える「夢の教室」の最後には、多くの生徒たちが自ら教室の前に立ち、「将来の夢」や「そのためにこれから何をするか」を語ってくれた。