東日本大震災から10年、災害の備えに関する調査 持ち出す貴重品1位に「スマホ」

auじぶん銀行が、全国のビジネスパーソン男女500名を対象に「有事(災害時)の備え」に関するウェブアンケートを実施し、その調査結果が発表された。

本調査では、ビジネスパーソンの男女に対し、「災害への備えをしているか」「具体的に備えている防災グッズ」「貴重品の中で優先的に持ち出すもの」「有事のための貯蓄」についてなど、有事(災害時)の備えに関する様々な調査を行った。また、「新型コロナウイルスの影響で危機意識に変化があったか」についても調査を行った。

その結果、9割以上の人が災害への備えは必要だと思っているものの、約65%の人が十分に備えられていないという事実、防災グッズの意外な活用法、貴重品の中で優先的に持ち出すものは「携帯電話(スマートフォン)」であることなどが分かった。また、8割以上が有事のための貯蓄が必要だと考えていることや、新型コロナウイルスの影響により、ここ1年でさらに危機意識が変化したエピソードなど、有事の備えに関わる意識がうかがえる調査結果となった。

■調査概要
・調査テーマ:有事(災害時)の備えに関するアンケート
・調査方法:ウェブアンケート調査
・調査対象者:ビジネスパーソン男女 計500名(20代~50代)
・調査実施日:2021年2月4日~2月9日
・調査主体:auじぶん銀行株式会社

調査結果 トピックス

トピックス1
9割以上が災害への備えは「必要だと思う」
一方で、約65%が十分な備えをしていない
理由「どのくらいの備えがあればいいのかわからない」

トピックス2
防災グッズなどの備えはしている一方、「ハザードマップ」「安否確認方法」などの備えはまだまだ
具体的に備えているグッズ1位「飲料水」2位「保存食」3位「懐中電灯」
ためになる知恵!防災グッズの意外な活用法10選

トピックス3
優先的に持ち出す貴重品1位は「携帯電話・スマートフォン(80.0%)」
理由は、「今は携帯があればなんでもできるから」「連絡手段」「情報収集手段」

トピックス4
有事用のお金を家に置いている人のうち5割以上の人が「10万円未満」
8割以上が「有事のための貯蓄は必要」だと考えている

トピックス5
最も不安に思う災害1位「地震(67.0%)」
この1年で予防対策や防災、貯蓄への意識が変わったエピソードも