アメリカ・コロナ専用病棟に日本テレビのカメラが初潜入!藤井貴彦アナがナレーションを担当

(C)NTV

1月31日(日)放送の「NNNドキュメント’21」は「生と死の音 ~新型コロナ専用ICU、4日間の記録~」を放送する。

新型コロナウイルスで1日に3000人超が亡くなっていくアメリカ。コロナ患者専用のICUを持つテキサス州の医療センターの内部取材が、日本メディアとして初めて許可された。防護服に身を包んでの4日間で見えてきたのは、容体が急変する新型コロナウイルスの恐ろしさ、日々現場で向き合う医療従事者の終わりの見えない闘い。ICU内部の「生と死の音」を通じて、いま何をすべきかを改めて考えるきっかけをアメリカの現状を通して投げかけたい。

【ナレーションは、日本テレビ藤井貴彦アナウンサー】
日本テレビ系報道番組「news every.」MC藤井貴彦アナウンサーが「NNNドキュメント’21」のナレーションを担当。今回の作品について、藤井アナウンサーのコメントです。

「現場には、患者の激しい息遣いと医療機器の電子音が交錯していました。しかしその音が突然に消えた時、患者は亡くなってしまったことを意味します。取材を通して見えた医療従事者達の姿。彼らも1人の人間として、悩み、苦しみ、震えながら、必死に「命の音」をつないでいました。遠くて近い生死の境で、患者も医療従事者も闘っています」

【番組名】 NNNドキュメント’21
【放送日時】毎週日曜 深夜24時55分(今回は25時05分~)
【番組公式HP】http://www.ntv.co.jp/document/
【番組公式ツイッター】https://twitter.com/n_docu
*提供画像 (C)NTV