「FIFAクラブワールドカップ カタール2020」を地上波日本テレビ系&BS日テレにて独占生中継が決定

(C)EPA/JIJI

2021年2月の開幕に向け、各大陸の王者も新型コロナウイルスの影響で日程が大幅に遅れる中、南米王者以外の6大陸で決定。8月23日に行われた欧州大陸のサッカークラブ王者を決める大会「UEFAチャンピオンズリーグ」でドイツのバイエルンが史上初の全勝優勝を達成し欧州を制覇。11試合で43得点8失点と圧倒的な攻撃力で7年ぶり2回目の出場を決めた。

注目はポーランド代表のロベルト・レバンドフスキ。今年のバロンドールは史上初の中止になったものの、UEFA年間最優秀選手賞、FIFA年間最優秀選手など数々の個人賞を獲得した。更に元ドイツ代表のトーマス・ミュラー、2016年リオ五輪で得点王に輝いたドイツ代表セルジュ・ニャブリ、そして同じくドイツ代表、守護神マヌエル・ノイアーなど、世界的スター選手が数多く在籍している。

またアジア王者は2012年以来2度目の出場となる韓国の蔚山、北中米カリブ王者は初出場となるメキシコのティグレス、アフリカ王者は2013年以来6度目の出場となるアルアハリ(エジプト)、オセアニアは2017年以来10度目の出場となるニュージーランドのオークランドシティ、開催国王者は初出場となるアルドゥハイル。そして大会開幕2日前に注目の南米王者が決定する。

各大陸王者の状況は…
【ヨーロッパ王者】バイエルン(ドイツ)
【北中米カリブ王者】ティグレス(メキシコ)
【オセアニア王者】オークランドシティ(ニュージーランド)
【アフリカ王者】アルアハリ(エジプト)
【アジア王者】蔚山(韓国)
【南米王者】現地時間21年1月30日(土)決定(予定)
【開催国王者】アルドゥハイル(カタール)

地上波日本テレビ系とBS日テレでは2月1日(月)に開幕し、2月11日(木)に決勝戦を迎える「FIFAクラブワールドカップ カタール 2020」を独占生中継する。(日付は現地時間)サッカークラブの世界一を決める世界最高峰の戦いです。

(C)EPA/JIJI