2020年に生まれた新しい気づきや変化とは? 斎藤工は「大切なものが何かを考えた」

求人検索エンジンIndeed Japan が、9月1日より特別CM「これからの、仕事さがしにサーチあれ」篇を、全国で順次オンエア開始した。

2020年、新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中の様々な人たちの生活や、働く環境が大きく変化した。新しい生活様式が浸透していく中で、新しい気づきを得たり、今までにはなかった価値観が生まれたり、あるいは、変わらず大切なことに気付いたりした方は多いのではないでしょうか。それに付随して、働き方を見つめ直し、仕事への意識や求めることが変化した方も多いでしょう。Indeedの特別CMでは、そんな2020年に入って多くの人が考えたり感じたりした気づきや変化を改めてまとめている。

特別CM制作にあたっては、2017年からIndeedのCMキャラクターを務める斎藤工の想いも参考とし取り入れている。自身のステイホーム期間中に感じた気づきや変化を伺う中で、他の多くの方々も共感できるであろう「大切なものが何かを考えた」というメッセージもCMに加えている。

なお、本特別 CM 制作に際し、斎藤工に伺った自身の気づきや変化を、スペシャルインタビューとして公開。