日本発のプロダンスリーグ「D.LEAGUE」への参画が決定!「avex ROYALBRATS」を結成

エイベックス株式会社は、株式会社Dリーグによって発足された日本発のプロダンスリーグ「D.LEAGUE(読み:ディーリーグ)」に、「avex ROYALBRATS(読み:エイベックス ロイヤルブラッツ)」を結成し、チームオーナーとして参画します。

「D.LEAGUE」は、 “世界中すべての人に、「ダンスがある人生」をもたらす”をミッションに掲げる、日本発のプロダンスリーグです。全8社がチームオーナーとして参画し、総勢8チームが、2021年1月10日(日)から始まる全12ラウンドのレギュラーシーズンを戦い、上位4チームを選出。レギュラーシーズン後、上位4チームによるチャンピオンシップを行い、6月末に初代シーズンチャンピオンを決定する予定です。

チーム名「avex ROYALBRATS」の“BRATS”は、聞かん坊の悪ガキ、“ROYAL”は、王家の血という意味で、「血統書付きの悪ガキ」、「ハイスキルな新世代」という意味を持ちます。チームの監督的な役割となる「ディレクター」には、Instagramで約43万人のフォロワーを抱え(@riehata)、国内外アーティストから幅広い支持を受けるダンサー・アーティストの「RIEHATA(読み:リエハタ)」を迎え、ダンスジャンルとしてHIPHOPカルチャーを軸に常にトレンドを発信し、全ての人に刺激やエネルギーを与えるようなチームを目指します。

これまでダンサーは、主にバックダンサー、インストラクター、振付師といった誰かをサポートする立場で「影の立役者」として活躍することが多かったのですが、「D.LEAGUE」では、ダンサーそのものが主役です。今後、「D.LEAGUE」の発展により、これまで以上にダンサーを目指す人やダンスの観戦を趣味にする人が増えて、ダンスエンタテインメントの裾野が広がることを期待しています。ダンスミュージックをルーツに持つ当社は、「D.LEAGUE」への参画を通じて、国内のダンサーに大きな新しい夢の形を提供し、日本の新たなダンスカルチャーの創造と発展に貢献していきたいと考えています。
■エイベックス株式会社 代表取締役社長CEO 黒岩克巳 コメント
ダンスミュージックをルーツとするエイベックスは、ダンスエンタテインメントの更なる発展の起爆剤になると確信し、「D.LEAGUE」への参画を決めました。ダンスのプロリーグというものが、全国のダンサーの皆さんの1つの夢の形になればと考えております。日本のダンスレベルが底上げされ、そこから日本の新たなダンスカルチャーが創出されていく未来を楽しみにしています。
■「avex ROYALBRATS」 概要
チーム名:「avex ROYALBRATS(読み:エイベックス ロイヤルブラッツ)」
オーナー:エイベックス株式会社 代表取締役社長CEO 黒岩克巳
ディレクター:RIEHATA(読み:リエハタ)
公式サイト:https://home.dleague.co.jp/teams/tah0/
■「D.LEAGUE」 概要
シーズン:2021年1月10日(日)~2021年6月30日(水)
参画企業・チーム:エイベックス株式会社  avex ROYALBRATS
株式会社コーセー  KOSÉ 8ROCKS
株式会社サイバーエージェント CyberAgent Legit
セガサミーホールディングス株式会社  SEGA SAMMY LUX
株式会社セプテーニ・ホールディングス  SEPTENI RAPTURES
株式会社フルキャストホールディングス FULLCAST RAISERZ
株式会社ベネフィット・ワン  Benefit one MONOLIZ
株式会社 USEN-NEXT HOLDINGS  USEN-NEXT I’moon ※50音順
チーム構成:チームは、年間で出演する「レギュラーダンサー」、期間限定で出演する「SPダンサー」、チームの監督的な役割となる「ディレクター」で構成されます。毎回のラウンドに出演するのは8名、「レギュラーダンサー」と「SPダンサー」が出演します。
※ディレクターがレギュラーダンサーとして出演する場合もあり
ルール:2:00-2:15のダンスパフォーマンスを制作し、年間12ラウンドのレギュラーシーズンを8チームで戦います。毎ラウンドの順位ごとに勝ち点が配分され、年間を通して上位4チームがチャンピオンシップへ進出、シーズンチャンピオンを決定します。
審査方法:審査員4名の合計得点とオーディエンス得点を合わせた100点満点で計算し、1点でも多いチームから高い勝ち点を配分します。
公式サイト:https://home.dleague.co.jp/