ラジオCMコンテストがリニューアル、10月20日より募集スタート

文化放送が、音声広告の参加型コンテストとして毎年実施しているラジオCMコピー公募企画『100万円争奪!ラジオCMコンテスト』をリニューアル、パーソナリティにヒャダインを迎え、10月20日(火)より公募を開始する。

文化放送のラジオコンテストは、1984年に始まった前身の『ラジオCMコピー大会』時代から高い評価を受け、今や文化放送のみならずラジオ界の名物企画として定着している一大企画。『ラジオCMコンテスト』となってから14年目となる今年、今まで以上に多くのリスナーにラジオCMに親しんでもらうため、タイトルや審査方法などを変更して実施される。
各協賛社からの課題に基づき、プロ・アマ問わず一般から20秒のラジオCMコピーを募集し、一流のクリエイター審査員と一般リスナーの投票により、グランプリ(賞金100万円)ほか各賞を決定するスタイルはこれまで通りで、今年リニューアルした主な点は以下となる。

◆タイトルを『第14回ラジオCMコンテスト~ずーっと、前からオーディオアド』に変更
オーディオアドとは、Spotify、radiko、ポッドキャストといった音楽のストリーミング配信や、インターネットラジオ音声メディアへの“音声広告”のこと。デジタル配信コンテンツでも音声広告が流れることが当たり前になった今の時代に合わせたタイトルにリニューアルした。
◆コンテストの「顔」となるパーソナリティに、ヒャダインが就任
数多くのヒット曲を手掛け、若年層にも人気の音楽クリエイター・ヒャダインにパーソナリティを依頼。より幅広い層にアプローチする。
◆応募期間の変更
昨年までは8月から10月末までだったが、今年は10月20日(火)から12月20日(日)となる。
◆入選作3作品を事前配信し、リスナーの支持を集めた作品が「リスナー大賞」に決定
入選作3作品を青二プロダクションの俳優たちが実際に演じる「入選作披露会」を最終選考の前に開催。その様子を収録し、音源を一定期間、ホームページへ掲載する。昨年までは最終選考は公開放送形式で行われ、その場にいたリスナーのみ「リスナー大賞」への投票参加権があったが、今年は、より多くのリスナーが投票可能となる。審査員が集まっての最終審査会はスタジオ収録による特番形式で行われ、パーソナリティのヒャダインも参加予定だ。

◆「第14回ラジオCMコンテスト~ずーっと、前からオーディオアド」概要
募集作品 協賛広告主の課題にもとづく20秒のラジオCM用コピー
応募資格 プロ・アマチュア問わず
応募期間 2020年10月20日~12月20日(※消印有効)
パーソナリティ ヒャダイン
審査員 中島信也氏・谷山雅計氏ほか
賞金 グランプリ(1本)…100万円、リスナー大賞(1本)…各10万円ほか
発表 文化放送特別番組『第14回ラジオCMコンテスト~ずーっと、前からオーディオアド』内
※2021年2月に入選作発表、3月末特別番組放送予定