牛乳を贈る助け合いプロジェクトに藤本美貴、バービー、菊地亜美らが参加

ホクレン農業協同組合連合会が、ミルクランド北海道の事業の一環として、新型コロナウイルスの影響で需要が激減している北海道産牛乳・乳製品の消費拡大を目指すと共に、日本中に明るく元気なエールを送り届けることを目的としたSNSソーシャルグッドプロジェクト「#COWエール(#カウエール)」を5月12日(火)から開始した。

このプロジェクトは、SNSの#(ハッシュタグ)機能を活用し、「#COWエール」を付けて“牛乳・乳製品を、飲んだり・食べたりする元気な姿”を消費者の皆様に投稿してもらう。投稿は1投稿=10円相当の支援として、1万投稿ごとに10万円相当を、新型コロナウイルスと最前線で闘う医療従事者の皆様やその関係者、また、コロナの影響を受けている方々、子どもたちのもとへと牛乳・乳製品の詰合せとして物資を支援していく。牛乳・乳製品の消費を高め、且つ、ソーシャルな繋がりを強めていく活動だ。

■北海道にゆかりのある著名人も参加!

プロジェクトのスタートにあたり、北海道にゆかりのある著名人・タレントの参加も決定しており、新型コロナウイルスと日々闘うみなさんへのメッセージや牛乳・乳製品消費への呼びかけなど、タレント・著名人の本人によるSNSでの発信でプロジェクトを盛り上げてもらう。
藤本美貴、バービー、菊地亜美、山賀琴子、少年T、高田秋、本郷杏奈、伊藤沙菜など、北海道を拠点とするタレント・著名人らが参加する。このほかにも、今後続々と著名人、タレントの登場を予定しているほか、消費者の皆さんの#(ハッシュタグ) の投稿数に応じて、公開が決まるスペシャルムービー企画も準備中だ。

■タイトル:牛乳を贈る助け合いプロジェクト 『#COWエール』
■展開時期: 2020年5月12日(火)~8月11日(火)
■参加方法:SNS(Instagram、Twitter)から「#COWエール」を付け、応援メッセージを写真や動画で投稿。
https://cowyellhokkaido.com