野球は大好きだけど、野球で悩んでいる子どもたちを笑顔にする「よしもとエンジョイベースボール」が開催

22日、明治神宮野球場にて、野球は大好きだけど野球に悩んでしまっている子ども達に、野球の楽しさを取り戻してもらうことを目的としたイベント『よしもとエンジョイベースボール ~ひたすらに野球を楽しむイベント~』が開催され、野球大好き芸人のココリコ・遠藤章造、トータルテンボス、とにかく明るい安村、おばたのお兄さん、プロ野球界からは斉藤隆、福留孝介、牧田和久、上田剛史が参加した。

野球で悩んでしまっている小学校5、6年生の男女約50名が参加、あいにくの天気の中、キャッチボール、ティー打撃、投球練習、守備練習、参加者を2チームに分けて試合を行い、イベント後半には子ども達が野球で悩んでいることにプロ野球選手、芸人が答えるトークコーナーを実施した。

イベントに出演したプロ野球選手や野球大好きな吉本芸人は、子ども達の失敗を指摘するのではなく、「いいフォロースルーだね」「よくあそこでバットを振れたね」など、良い部分を積極的に称賛する声掛けをすることで野球を楽しめる雰囲気をつくり上げ、はじめのうちは遠慮がちだった子ども達も、「投げたい!」「打ちたい!」と積極的になり、参加者全員が満面の笑みを浮かべていた。

また、子ども達の悩みを聞くトークコーナーでは、主将としての振舞い方について悩んでいる子どもに対して、福留選手は「友達のことやチームのことを思えば、キャプテンの仕事として、厳しいことも言うべき」とアドバイス。野球を続けようか迷っている子どもに対して、斉藤投手コーチは、「やめるのはいつでもできるし、簡単な選択肢。できれば続けてほしい。でも、続けるにしても、やめるにしても、自分で決断して下さい」と語りかけて、子ども達も真剣な表情で耳を傾けていた。

ココリコの遠藤章造は「私たち野球大好き芸人とプロ野球選手が一緒になって、野球で悩んでしまっている子ども達の役に立つことができたなら嬉しいです。野球で悩んでいる子が少なくなることに越したことはないですが、もし悩んでいる子が1人でもいれば、こういったイベントを続けていきたいです」とコメントしている。