従業員の働き方を支援する企業10社を表彰 グッドキャリア企業アワード2019

従業員の自律的なキャリア形成を支援する企業を厚生労働省が表彰する「グッドキャリア企業アワード2019」が決まり、11月27日、東京・渋谷ストリームホールで表彰式が行われた。

受賞したのは、「大賞」と「イノベーション賞」各5社の計10社で、表彰式では、厚生労働大臣 加藤勝信のあいさつを、厚生労働審議官 土屋喜久が代読し、「一億総活躍社会の実現に向け、働き方改革や人づくり革命を進めている。働く方一人ひとりが能力を存分に発揮できる環境を整備するためにも、各企業が『人を育て、人が育つ』組織づくりを進めてほしい」と話した。

産業構造の変化・グローバル化や、少子高齢化が進む中、誰もが意欲と能力に応じて働くためには、各企業がキャリア形成や能力開発を促す仕組みをつくり、従業員を支援することが欠かせなくなってきた。厚生労働省は、企業が従業員を支援する重要性を社会に広め、定着させるため、2012年度から「キャリア支援企業表彰」を始め、2016年度からは呼称を「グッドキャリア企業アワード」と改め、従業員とともに成長することを目指す企業を表彰してきた。

同アワード2019には全国から54社の応募があり、その中から、会社全体の取組が評価された「大賞」と、キラリと光る試みをしている会社をたたえる「イノベーション賞」にそれぞれ5社が選ばれた。

受賞企業は以下のとおり。
(50音順、太字は今回の評価ポイント、カッコ内は所在地・業種・従業員数)

【大賞】
★伊藤忠テクノソリューションズ株式会社=従業員一人一人の能力や適性・意欲に応じた主体的・自律型のキャリア形成支援
(東京都千代田区、情報サービス業、従業員数4462人)

★SCSK株式会社=IT人材の専門性認定制度や多彩な研修の提供、社員の自己研鑽を促すきめ細かな支援
(東京都江東区、情報サービス業、従業員数7375人)

★日鉄工材株式会社=個人の能力の見える化や能力評価の仕組みを構築するなど企業ビジョンに連動した人財育成
(新潟県上越市、製缶板金業、従業員数105人)

★日本生命保険相互会社=人材育成を経営基盤の一つに位置づけ、“個”有の強みの獲得に向けた多彩な能力開発メニューを提供
(大阪府大阪市、生命保険業、従業員数7万3260人)

★株式会社ミツイ=ダイバーシティをかかげた多様な働き方と自律的なキャリア形成支援
(宮城県仙台市、老人福祉・介護事業、従業員数145人)

【イノベーション賞】
★コニカミノルタウイズユー株式会社=多職種の経験や長期キャリアビジョンによる障害者の職業能力を最大限高めることを意識したキャリア支援
(東京都八王子市、管理・補助的経済活動を行う事業所、従業員数145人)

★日本電産株式会社=100年後を見据えたグローバル人材の育成や社員の能力を最大限発揮できる環境を整備
(京都府京都市、電子部品製造業、従業員数2794人)

★服部農園有限会社=地域における農業全体の成長を目指し、経営者と社員が横並びの関係でキャリア育成
(愛知県丹羽郡、農業、従業員数15人)

★三井住友海上火災保険株式会社=全社員のキャリアビジョンの作成や上司部下間でのキャリア対話を通じて自己実現を支援
(東京都千代田区、損害保険業、従業員数2万1922人)

★三菱ケミカル株式会社=全社員のキャリアデザイン面談を実施するなどグループ一丸でのキャリア形成支援
(東京都千代田区、有機化学工業製品製造業、従業員数1万8087人)

受賞各社の取組については、
https://career-award.mhlw.go.jp
を参照のこと。