家を買うなら消費税増税後の方がお得?鈴木ちなみが令和時代の正しい住まい選びをエスコート!

9月23日の「不動産の日」に合わせ、消費者の不動産取引への正しい理解と興味関心の促進を目的とした「消費者セミナー2019」スペシャルページが開設された。このページを開くと、モデルでタレントの鈴木ちなみ出演のクロストークムービーや、20代から70代、あらゆる世代のライフステージに合わせた自分らしい住まいを考えるヒントとなる情報を得ることができる。

鈴木出演のクロストークムービーは「#1 住まい選びのターニングポイントが多様化。自分にあった「住まい」を考えよう!」、「#2 住宅購入or賃貸?マンションor戸建?新築or既存住宅?それぞれのメリットを考えよう!」、「#3 消費税増税後の住まい選び。支援策を活用しよう!」の3種類が公開される。

鈴木は現在賃貸マンションに住んでいるというが、将来は結婚後の生活も視野に、料理をしたり、ガーデニングができ、子供と暮らせる空間の確保された、広いお風呂のある家が欲しいとのこと。だが、この3本のムービーでは、専門家が、ただ広いだけでなく、その年齢に応じた住まい選びが重要になって来ることを丁寧な説明で説く。賃貸か購入かの選択に関しても興味深い情報が紹介されていく。

消費税増税後の住まい選びに対し、政府が実は手厚い住宅購入支援策を実施することも詳しく説明されている。増税後、住宅購入は負担が大きくなるのかと思いきや、実は場合によっては税制面で優遇される場合があるという。住宅ローン減税制度で消費税増税分を相殺できる可能性があることや、住まい給付金拡充の話など、知っていて損はない情報が盛り沢山だ。

鈴木のクロストークムービーを見て、スペシャルページの内容を勉強した上で、理解度チェックテストに挑戦し、理解度を測る5問の問題に全問正解すると、抽選で20名に、「ハトマーク × 鈴木ちなみ目覚まし時計」がプレゼントされる(12月23日締切)キャンペーンもあるとのこと。ほかには「不動産の日」アンケートなどもあり、消費者の住宅の住居志向及び購買等に関する意識調査に回答すると、抽選でギフトカードがもらえるチャンスも(11月30日まで)。

増税後は家を買うことにハードルを感じる人も多いと思うが、正しい知識を身につけることで、これらが実は誤解であることを知ることができるだろう。人生100年時代といわれる令和の時代にどんな住まい選びがいいのか。同ページをぜひ覗いて確認して欲しい。
(文:名鹿祥史)

~9月23日は不動産の日~ 「鈴木ちなみと考えよう!“令和時代の住まい選び”」消費者セミナー2019スペシャルページ https://www.zentaku.or.jp/lp/training_seminar_consumer_2019/