ハニカム.トーキョー池田慎&松井遥己がカンロ「ジュレピュレ」「ピュレグミ」の食レポ挑戦

イケメンがキュンキュンさせる食レポに挑戦__。先月発売されたばかりの「ジュレピュレ 山形佐藤錦」をはじめ、甘味と酸味が本物の果実の味を再現している!と話題なのがカンロ「ピュレグミ」「ジュレピュレ」のラインナップ。「甘酸っぱい」と言えば、思い浮かべるのは青春時代の思い出。ならばイケメンにキュンキュンエピソードを語ってもらおうと、イケメンユニット「ハニカム.トーキョー」から池田慎&松井遥己の2人に食レポに挑戦してもらった。味を検証するのは「ジュレピュレ 山形佐藤錦」「ピュレグミ レモン」(池田担当)、「ジュレピュレ 山梨ピオーネ」「ジュレピュレ 瀬戸内みかん」(松井担当)の4品だ。

__まず、「ジュレピュレ 山形佐藤錦」を池田クンに食べてもらいましょう。

池田:ボクの担当カラーのピンクなので選びました。

松井:それだとボクも担当カラーが紫だから、「ジュレピュレ 山梨ピオーネ」だね! 運命感じちゃうよね!

池田:(開封してパクリ)いや、ほんとにさくらんぼ!果実そのまんまです。

松井:めちゃめちゃ味わってるよ!

池田:噛んでジュレを口の中で出すのがスゴイ楽しくて!宝石箱を開ける感じがしない?

松井:うん!分かる。

__食べてみて思い出す青春時代の甘酸っぱい思い出を聞かせてください。

池田:中学校の時に同じ部活に好きな子がいて、告白できないまま卒業してしまったんですけど、たまたま高校で集まることがあって連絡を取り合うことになったんです。でも、その時すでに彼女には付き合っている彼氏がいて、最後は恋愛相談までされちゃって(汗)

松井:それはツライね…

池田:それも若さゆえというか…青春の甘酸っぱさを感じてしまって…でも、その思い出が今の自分を形作っているというか。

松井:それこそ、濃密に心に刻まれたワケですね思い出が。

池田:思い出がトロリとジワリと…出てきちゃった感じですね、この食感は!

__たとえば、「ジュレピュレ 山形佐藤錦」を男の子に擬人化してもらうと?

池田:年齢的には29歳!

松井:30歳にはなってないのね(笑)

池田:しっかりとした芯があって、でも、どこか危なっかしくて、ほっとけない…そんな人。

松井:それは、まんま「池田慎の味」では?

池田:25歳なんですけど、ボクですね!(笑)。ほっとけない…そんな味です!

__お次は、「ジュレピュレ 山梨ピオーネ」を松井クンに食レポしてもらいましょう。

松井:果物を全面的に押し出したパッケージにひかれますね。そして、これは言いたい!「コラーゲン&ビタミンC」の表示。女性は絶対に食いつきますね。ボクもこれ書いてあると無意識に買っちゃう!

池田:分かる!

松井:(開封して)香りも幸せ~!ちょっと厚みがあるから、ひと粒だけでも幸福感を得られる「魔法の果実」!(食べてみて)フフッ…コメントできないくらい味わっちゃう!

池田:いや、コメントはしてください(笑)

松井:果物って季節によって甘いのと酸っぱいのがあるじゃないですか。普通のグミだと甘いだけだったり酸っぱいだけなんですけど、ジュレピュレは甘さの中に酸っぱさがあって、本物の果実を食べている感じ!

__その味から連想する青春時代の思い出を。

松井:高校1年生の時に好きになった子と仲良くなるために、その子の好きな音楽を徹底的にリサーチしていた思い出がありますね。あと、高校生でも鬼ごっことかやっていたんですけど、その子にタッチしたくて積極的にいきましたね(笑)

池田:ボクは逆に気になっている子にはツンケンしちゃってダメだったなあ。

__それでは「ジュレピュレ 山梨ピオーネ」を擬人化してください。

松井:16歳、夏の夕方…好きな子にアタックしつづける男の子。でも、くどくない。中身は濃いけど何度も食べることができる。

池田:その子絶対モテそう!

松井:好きな子に寄り添おうと一途な16歳!

__大人の味とティーンの味が出てきたところで、「ピュレグミ レモン」を池田クンに!

池田:グミの王道きた!でも、意外なことにレモンの経験がなくって(汗)。香りはまさに爽やか! (食べてみると)アーッ!…ヒッ…

松井:ヒッ?(笑)ヒットした?

池田:コレ!酸っぱいのよ。でも酸っぱいだけじゃなくて、あとからちゃんとレモンがついてくる!

松井:ジュレピュレと大きさ比べてみない? ジュレは厚みがあったけど、グミは横に広い!

池田:その分、ちゃんと歯応えと食べ応えがあって…。これこそ、中学校で陸上部だったころの…

__思い出してみましょう!甘酸っぱい青春の思い出を。

池田:走ったあとに好きな子からもらったスポーツドリンクですね…でも飲めない感じ。

松井:トレーニングがキツくって?

池田:違うの!大事にしたくて、もったいなくて…とっておきたいみたいな(笑)。だから、無邪気でまっすぐな子供感…つまり、13歳の時のボク(笑)!

__擬人化まで! ありがとうございました。では、最後に「ジュレピュレ 瀬戸内みかん」を松井クン、お願いします。

松井:5%増量ってことは、より果実感が増したってことですよね?(開封して)おっ!これチョット香りがパターン違うぞ!

池田:(香りを一緒にかいで)そうきたか!(笑)

松井:見た目は完全に「みかん」ですよね…(ひと口食べると)あ~~っ……

__長考に入ってしまいましたけど(笑)。松井クン、そろそろ感想を!

松井:これ…何だろ?…お世辞抜きにパッケージ負けしていない「みかん味」のジュレ感!

池田:ボクもちょっとヨダレ出かかっていた(笑)

松井:深く味がある。これジュレじゃなくて、みかんです! 果物にある酸っぱすぎず甘すぎずが再現されている。

池田:バランスがいい!

松井:これまで男の子に商品を擬人化してきましたけど、今回は違う感じでイイですか?

__わかりました。では「キュン」となるエピソードとともに!

松井:家族の温かみを感じるなあ。ボクは、仕草がかわいいおばあちゃんを思い出しちゃいました。味に本物の果実の深みがあるというか…

池田:あれでしょ?「メガネどこ?メガネどこ?」っておでこに乗せたままっていう、かわいさ?

松井:そんな、ほっこりするキュンです!

__「ほっこりキュン」いただきました!

(企画:ジェイタメ編集部)

■ハニカム.トーキョー
「とりあえず!笑っとく!?」がキャッチコピーの、ちょっとポンコツだけど心と顔はイケメンなグループ。4thシングル「SHAKEなベイベー!!」発売中。メンバーは池田慎、松井遥己、久保雅樹、松江大樹、水野ライアンビンセントの5人。
公式HP http://honeycome.tokyo/

■「ピュレグミ」「ジュレピュレ」
「ピュレグミ」は、2002年の発売以来、幅広い世代に支持されているカンロの人気商品。果実本来のおいしさを引き出す“すっぱいパウダー”と噛むほどにフルーティな甘ずっぱさが広がる果肉食感のグミ。
「ジュレピュレ」は、厳選果汁ジュレをたっぷり閉じ込めた濃密果実グミ。噛むほどに、本物の果実のようなおいしさが楽しめる。
ブランドサイト https://www.kanro.jp/pure/