赤楚衛二 小学校での虚しいバレンタインデーの思いで綴る

俳優の坂口健太郎(27)が主演する日本テレビ系ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(毎週土曜よる10時~)に出演する俳優の赤楚衛二(24)が16日、オフィシャルブログを更新。“ボンボンスタイル”の撮影オフショット公開にファンから反響を呼んでいる。

本作は、有罪率ほぼ100%といわれる日本の裁判で、冤罪を晴らす奇跡を起こすため「科学」を武器に逆転劇に挑む弁護士・黒川拓(坂口健太郎)と、周囲の仲間たちによる奮闘を描くヒューマンリーガルエンターテインメント。拓に振り回される新米弁護士・和倉楓役に川口春奈、拓に力を貸す大学准教授・秋保恭一郎を藤木直人、パラリーガル・石和徳則役を赤楚が演じる。

バレンタイン翌日、「皆さんこんにちは!赤楚です!」と題して更新したブログ。赤楚は「ここでバレンタインの思い出を1つ」と前置きし、小学生の頃、チョコが貰えなかった年の思い出を披露した。

「まぁ小学生は足が速い男がモテますもんね。あと面白い男。それでね、クラスメイトにね、「お前チョコ何個もらった?貰ってないだろー」ってクラスで一番モテてた男に言われたんです」と綴り、「それにムカついた小学生赤楚は、『はー?もらったしー?2個もらったしー』って言ってチョコもらったアピールしたんです。が、そのチョコはオカンと従姉妹からのでした、、」とクラスメイトにアピールしたという。

しかし、嘘ではなく事実であるアピールだが、小学生の赤楚は「ただなんだろうか、、凄く虚しくなったのは覚えてます。。。そんな悲しいエピソードでした。笑」と綴り、現在は「皆様が応援して下さってると言う事が僕にとっては毎日がバレンタインでチョコを貰ってるみたいなもんなんです」とファンに呼びかけた。

最後は、「チェックシャツにアーガイルのカーデガンと言うボンボンな写真です」と“ボンボンスタイル”ショットのオフショットを公開しブログを締めくくった。

この投稿にファンからは、バレンタインエピソードに「強がっちゃう赤楚少年かわいい」「小学生の頃からモテモテだったことが伺えます!」「今となっては楽しい思い出ですね」などのコメントや、公開した写真に「ボンボンな赤楚君も素敵」「シャツとカーディガンもオシャレで凄い似合ってます!」、第5話放送に「今日のイノセンスも期待しております」「ドラマ楽しみにしております!」「石和さんのボンボンエピソードも気になる」「ボンボンエピソード楽しみです!」 「観ます!!!!!!」と期待する声も寄せられている。

■赤楚衛二オフィシャルブログ Powered by Ameba
https://ameblo.jp/akaso-eiji/entry-12440387465.html

関連記事

ページ上部へ戻る