【試してみた】ラクトアイスに牛脂をまぜるとハーゲンダッツになる!?

コンビニなどで販売されているお手頃価格の「ラクトアイス」。これにスーパーなどで販売・配布されている「牛脂」を混ぜると、高級アイス「ハーゲンダッツ」のような濃厚リッチな味になるらしい!?  どんな味になるのか、実際に試してみた!

用意するのはラクトアイスと牛脂!

用意するのは、コンビニなどで手に入るお手頃価格のラクトアイスとスーパーなどで配布している牛脂をひとつ。

アイスには、アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイスなどの種類があるが、これらの違いは乳成分の量などが基準になっている。ラクトアイスは、アイスクリームやアイスミルクと違って「植物性油脂」が使われているため、牛脂のような「動物性油脂」をプラスすることで高級アイス=アイスクリームのような味わいになるそうだ。

早速、実際に試してみよう!

牛脂が固まりやすいので手際よく作ろう!

牛脂を小皿に入れて、レンジで温める。様子を見ながら1分ほど温めると、牛脂のスジが残ってとろみのある油分が残る。

スジは取り除き、残った油分を茶漉しを使ってラクトアイスに注ぐ。牛脂は固まりやすいので、手際よくアイスにかけよう。

牛脂をかけたら、こちらも手早くかき混ぜる。アイスの冷たさでさらに牛脂が固まってしまうのを防ぐため。

果たしてお味はいかに!?

恐る恐る食べてみると、そのままラクトアイスを食べたときよりも牛脂を混ぜたラクトアイスの方が濃厚になった気がするが…。ハーゲンダッツと言っていいかは微妙だが、美味しい。ただし、牛脂が固まってしまうとベタベタとした食感になるので、すぐに食べるのがポイントだ!

アイス1つにつき、牛脂スプーン2杯くらいがベストという噂だが、少しずつ足しながら食べるのが良いかもね。

以前テレビでも放送されて話題になった、牛脂とラクトアイスで高級アイスを作る裏技。抹茶味やイチゴ味など、いろいろな味で試してみるのもおもしろいかも!? ぜひチャレンジしてみてね。(ジェイタメ編集部)

関連記事

ページ上部へ戻る