小関裕太がブログで映画『春待つ僕ら』をPR「前向きになれる作品」

女優の土屋太鳳(23)が主演を務める映画『春待つ僕ら』に出演する俳優の小関裕太(23)が30日、オフィシャルブログを更新。共演の北村匠海(21)とのオフショットを公開し、ファンから「脚長!笑」と反響を呼んでいる。

あなしんによる同名人気コミックを実写映画化した本作は、“脱ぼっち”を目指して高校に入学したものの、クラスになじめない主人公・春野美月(土屋太鳳)と、美月を振り回しながら共に成長していくバスケットボール部員たちの青春ラブストーリー。2018年12月14日全国公開。

「#春待つ僕ら」と題して更新したブログ。「2018年12月14日 公開 映画『春待つ僕ら』「何か大事なものが一つあれば強くなれるよ」春野美月と、僕演じる神山亜哉との間にあった大切な言葉。この言葉がこのストーリーの背中を押して始まる」と本作品について触れると、「恋愛映画であり、ヒューマンドラマで、スポーツ映画の顔を持つこの作品はROOKIESの、平川雄一朗監督がものすごい映画にしてくださってます」と紹介。

続けて、「迫力、感動。そして最後に心の中に残るメッセージ」と綴り、「皆様もきっと、辛いこと悔しいこと悲しいことを感じる時期ってどうしてもあって、次の季節を迎えるが怖くなることもあると思います。日本特有のこの四季は、美しさと背中合わせで、何が待っているか分からないという部分もある それでも、次来る季節が、春が、楽しみになる、前向きになれる作品です」とアピールした。

最後は、「春を待つこの季節、ぜひこの2018年冬だからこそ得る感覚を映画館で味わっていただきたいです!」と呼びかけ、「たくちゃんと」と北村とのオフショットを公開しブログを締めくくった。

この投稿にファンから「春待つ僕ら 面白そうですね!」「小関くんの選ぶ言葉がすごく好きでぐっとこころに染みました」「『日本特有のこの四季は美しさと背中合わせで…』という表現最高に しびれました」「日本語表現の美しさに改めて感動!」「公開日が待ち遠しい」などのコメントや、北村との2ショットに「裕太くん脚長!笑」と驚きの声も寄せられている。

■小関裕太オフィシャルブログ「REFRESH」Powered by Ameba
https://ameblo.jp/koseki-yuta/entry-12422610943.html

関連記事

ページ上部へ戻る