稲垣吾郎 香取慎吾のルーブルでの個展開催に「幸福感」を抱く

タレントの稲垣吾郎が21日、オフィシャルブログで自身の心境の変化について語っている。

「Paris」と題して更新したブログは、10月3日までパリ・ルーブル美術館のシャルル5世ホールにてタレントの香取慎吾がフランス・パリで初めて開催している個展『香取慎吾 NAKAMA des ARTS』を訪れた事を報告した。稲垣は、「仲間の幸せそうな顔を見ることがこんなにも嬉しいとは。今まで僕はそんなふうに心から感じられる人間だったのだろうか・・相手の幸せに対し、微笑ましくなることはあっても・・なんだろ、ここまでの幸福感は。恥ずかしながら、いつ何時も少し冷めた自分がいたのは認めざるを得ない…笑」と綴り、「しかしここパリにて、大きな夢を叶える彼の姿とその眼差しを見て感じたこと、それは日本にいるNAKAMAの皆さんも僕も一緒なのです。香取君、あなたにとってまさかのルーブル美術館での初個展、本当におめでとうごさいます!」と香取を心から祝福した。

そして。「香取慎吾のアートは彼の分身であり彼のオーラであり、自身の周りを浮遊する生命体のようでもある。静かな呼吸を繰り返し、ルーブル美術館という水槽の中でいきいきと泳いでいました。近代の美術館という概念をつくった、偉大なるルーブルに展示されることによりひとつの完成形を迎え、これからも世界中の人々に見られることで更にトランスフォームを繰り返していくのでしょう。それはこれからの彼に願うことでもありますね。そう、なんてったってあいつはMonsterですから。笑」と締めくくっている。

かつて、SMAPがデビューしたての頃、メンバーを乗せた車が六本木で不良たちに絡まれた、メンバーは車を降り不良たちに殴りかかったという事件が起きた。しかし、稲垣だけが車に残り事の一部始終を見ていたという。

そんな稲垣が仲間の活躍を“自分事”のように喜んでいる。稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人の絆は今まで以上に固く結ばれているようだ。

*稲垣吾郎オフィシャルブログ Powered by Ameba
https://ameblo.jp/inagakigoro-official/

関連記事

ページ上部へ戻る