『監察医 朝顔』”藤堂”板尾創路、若かりし頃のイケメンショットの真実

女優の上野樹里(34)が主演を務める、現在第2シーズンが放送中のフジテレビ系“月9”ドラマ『監察医 朝顔』(毎週月曜よる9時~)が28日、オフィシャルブログを更新。第11話(1月25日放送)に登場したベテラン法医学者の藤堂雅史(板尾創路)の若かりし頃の写真の真実を初めて明かし、ファンから反響を呼んでいる。

本作は、2006年から「週刊漫画サンデー」に連載されていた同名人気医療漫画(原作・香川まさひと、漫画・木村直巳)を原作に、大胆にアレンジをした感涙のヒューマンドラマ。上野演じる法医学者・万木朝顔(まき・あさがお)と、朝顔の父でベテラン刑事・万木平(まき・たいら)を中心に、“法医学者×刑事”という異色タッグで、さまざまな事件の謎を解き明かし、遺体から見つけ出された“生きた証”が生きている人たちの心まで救っていくさまを描いていく。板尾は、法医学教室に勤めるベテラン法医学者の藤堂雅史(とうどう・まさし)を演じる。

この日、「アメブロ初公開!写真に隠された真実!!」と題して更新したブログ。第11話で、藤堂の妻で法歯学者の藤堂絵美(平岩紙)が法医学教室で見せた白衣姿の若かりし頃の藤堂(板尾)の写真について「じ…じつは、「古畑任三郎」に板尾創路さんが出られたときの、若かりしお写真なんです!!」「1999年の放送回でした!!今から約20年前 スタッフが、「古畑任三郎」大ファンですので、思いついたのでした!!」と真実を告白。

さらに、「チーフ監督の平野は、「古畑任三郎」の助監督(監督を補佐するADを、ドラマでは助監督と言います)だったのです~」とも明かした。

最後は金閣寺をバックに撮影した眼鏡をかけた学ラン姿の青年の写真とともに「番組スタッフが大好きなこのお方の昔のお写真も…この方は誰でしょう!?」と出題し、「答えは明日のブログで」とブログを締めくくった。

この投稿にファンからは「板尾さん、合成かと…」「板尾創路さん。イケメン」「古畑大好きで欠かさず見てました!」などの声や、学ラン姿の青年については「輪郭が戸次さんかな?」「戸次さん(笑)」「戸次さん可愛らしい!!今はかっこいい」「手稲の青い流星のしげちゃん」「若くてもイケメンダァ」と答えが寄せられている。

『監察医 朝顔』第12話は、2月1日よる9時~フジテレビ系にて放送。娘つぐみが行方不明に…!?
つぐみが朝顔に言えなかった秘密…朝顔が桑原に語る言葉は…!?薬物過剰摂取のご遺体法医学教室に激震が走る!

★監察医朝顔 オフィシャルブログ Powered by Ameba
https://ameblo.jp/asagao2-2020/entry-12653154458.html