稲垣吾郎 舞台『君の輝く夜に』ファンから絶賛の声

タレントの稲垣吾郎が22日ブログを更新、舞台『君の輝く夜に』の中日を終え二日間の休暇を都内の自宅で過ごし、本日から再開される舞台と舞台仲間への思いを語っている。

「音のオートクチュール」と題して更新したブログは、「京都に向かう車内より。最近は『京都に帰る』という言い方のほうがしっくりくるのかもしれませんね。本来、自宅に戻るとホッとするものですが、八月は玄関にカサブランカも存在しなければ、胡蝶蘭も暫しお休み中なので、真っ白い無機質な空間だけが僕を迎えいれてくれます。何年もこの部屋で生活した痕跡が全く見つからないのが不思議」と、舞台の稽古と上演で京都でのホテル暮らしが続いていたことを明かした。

そして、京都へ向かう車内で撮ったモノクロの写真とともに、舞台も「早いもので、あと数日で千秋楽を迎えます。皆さんの優しさと温もりに支えられて、幸せな時間を過ごしてきました」と感謝の気持ちと、「劇場というのは色彩に満ち溢れていて、僕の無機質なプライベート空間とはまた少し違ったものなんですが、その行き来が僕のリズムを作ってくれているのでしょう、きっと・・普段はひっそりと暮らしたいのものです」と舞台に対する思いも綴った。

また、「僕に歌うことの喜びを気づかせてくれたのは佐山さんなんです」と「恋と音楽」シリーズからずっとお世話になっている、音楽家の佐山雅弘さんを紹介し、「終演後、廊下ですれ違う佐山さんの、はにかむ笑顔と親指を立てて『良かったよ』と言ってくれるさりげない一言は最高のご褒美です」と述べ、バントの皆さまとの写真に、「愛する音楽を演奏する皆さんの姿は、本当に幸せそうで。しかし愛するものに包まれてそれを職業にする為に今まで大変な努力や犠牲にしてきたものもあるんだろうな…なんて、ミュージシャンの人生を想像してみたり その姿はなんだか、すがすがしく眩しいのです」と舞台の仲間を絶賛している。

最後に「それでは、二日ぶりのステージ、楽しんでいきたいと思います。皆さまも良い一日を!」と締めくくった。

このブログのコメント欄には、「舞台についてたくさんの人がhappyな時間を過ごせているのをTwitterで見るたびにこちらまで嬉しくなります」「今回、1番の収穫は吾郎さんの歌声を聴けたことです!本当に素敵でした」「ごろさんの考え方がだいすきです」「この作品ので歌う吾郎さんは『音楽の精』が舞い降りてきたようだと思っていましたが、その妖精は佐山さんだったんですね(笑)」「吾郎ちゃんはじめ、キャストの皆さん、バンドの皆さんが本当に楽しそうに舞台に立っていらっしゃること。その姿を見るだけで笑みがこぼれます」「佐山さん、いつまでもお元気で、ゴローさんにオートクチュールの曲を作曲していただけたらと思います」などと、ファンから舞台仲間全員に称賛の声が贈られている。(ジェイタメ編集部)

参照 稲垣吾郎オフィシャルブログ

https://ameblo.jp/inagakigoro-official/day-20180822.html

関連記事

ページ上部へ戻る