萩原利久『ブレイカーズ』メンバーとの集合写真を公開

女優の中谷美紀(42)が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『あなたには帰る家がある』(毎週金曜よる10時~)に出演する俳優の萩原利久(19)が4日、オフィシャルブログを更新。同日、東京・セルリアンタワー東急ホテルにて開催した米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)2018」のオープニングセレモニーに参加したことや、自身が出演している俳優の濱田龍臣(17)主演『ブレイカーズ』(後藤美波監督)メンバーとの集合写真を公開した。

今年で20回目を迎える「SSFF & ASIA」。6月24日まで、東京8開場にて開催。世界130以上の国と地域から、過去最高となる1万本以上の作品エントリーがあり、厳選された約250作品を上映する。

『ブレイカーズ』は、同映画祭の企画コンペティション・avex digital AWARDの受賞作をショートフィルム化。祐太(濱田龍臣)は、静岡県に住む高校生。正義感の強い彼にとって、学校生活は苦痛だった。特定の部活だけが優遇される日常、無意味な校則を押し付ける教師と見てみぬふりの生徒たち。歪な状況を打破すべく、彼は今日も1人、学校内でイタズラのような小さな反乱を起こしていた。ある日祐太は、それぞれ学校に不満を抱く4人の友人と共に、学年集会を乗っ取ることを計画する。オープニングセレモニーには、志田彩良、芋生悠、須藤蓮、筧利夫、後藤美波監督も参加した。

「ブレイカーズ」と題して更新したブログは、「今日は、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018オープニングセレモニーに「ブレイカーズ」という作品で参加させてもらいました!とても大勢の人の前 作品について話せました」と報告し、「高校生のお話なのですが、学校や、大人に対しての不満。大人への反抗を描いた物語です」と作品の内容を説明。

萩原は、自身が演じる圭吾について「圭吾という生まれつき茶髪で、学校では、度々頭髪について、注意される、少し不良っぽい男の子です」と紹介すると、現在放送中の『あなたには帰る家がある』で演じる慎吾や、映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(7/14より新宿武蔵野館ほか全国順次公開)で演じる菊地強も高校生役だったことから、「悩んでいることはバラバラです」とそれぞれの役柄を振り返った。

続けて、「圭吾はもしかすると1番共感できることが多いかもしれません。学校生活で、先生や校則、、不満を持ったことはあるはずです。でも、いざ、大人に向かって その不満をぶつけられるかと言うと自分はしまいこんでました。そんな自己体験から圭吾をつくりました」と、自身の経験を活かしながら演技したことなどを明かしている。

最後は、「ブレイカーズのみんなと!!」と綴り、濱田らとピースショットを公開した。

ファンからは「本当に興味深い作品」「ブレイカーズの皆さん、素敵でございます」「是非観てみたい」「観るの楽しみです!」「高校生はみんな悩みも性格もバラバラなのに、色んな高校生役を演じてる利久くんすごい」など期待の声などが寄せられている。

TBS系金曜ドラマ『あなたには帰る家がある』は、直木賞作家・山本文緒氏が1994年に発表した同名の長編小説が原作。主人公・佐藤真弓(中谷)と、その夫・秀明(玉木宏)、そして支配的な父・茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)と、少し寂しげな母・綾子(木村)の2組の夫婦を中心に、不満やすれ違いなど、誰もが共感できる“リアルな生活”を基にした大人の群像劇。萩原が演じるのは、支配的な父・太郎と従順な母・綾子の息子・慎吾として育ち、どこか闇を抱えた様子の高校2年生。第9話は、6月8日(金)よる10時~放送。(ジェイタメ編集部)

★萩原利久フィシャルブログ Powered by Ameba
記事タイトル:ブレイカーズ
記事URL:https://ameblo.jp/riku-hagiwara/entry-12381344843.html

関連記事

ページ上部へ戻る