萩原利久のドラマ制作見習い姿にファン反響!

女優の中谷美紀(42)が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『あなたには帰る家がある』(毎週金曜よる10時~)に出演する俳優の萩原利久(19)が17日、オフィシャルブログを更新。“制作見習い姿”を公開し、ファンから反響を呼んでいる。

同ドラマは、直木賞作家・山本文緒氏が1994年に発表した同名の長編小説が原作。主人公・佐藤真弓(中谷)と、その夫・秀明(玉木宏)、そして支配的な父・茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)と、少し寂しげな母・綾子(木村多江)の2組の夫婦を中心に、不満やすれ違いなど、誰もが共感できる“リアルな生活”を基にした大人の群像劇。萩原が演じるのは、支配的な父・太郎と従順な母・綾子の息子・慎吾として育ち、どこか闇を抱えた様子の高校2年生。

同ドラマの宣伝部員にも就任した萩原。4月1日からブログをスタートさせ、自身のことやドラマの現場のことなどを発信していく。

「スタッフ~」と題して更新したブログは、「今日はまずお知らせから!明日、TBS系にて19時からの「生き物にサンキュー&冒険少年」にトリンドル玲奈さんが出演されます!要チェックです!」と宣伝部員らしく、ドラマ共演者の出演情報を報告。

続けて、「昨日の見学の写真。ホラーっぽいというコメントがちらほら、笑」と昨日公開した現場見学の写真について触れると、「確かに言われてみると なんとも言えない写っちゃった感。笑」とコメントし、「見学っぽい写真以外にも、こんなのも撮ってました。制作見習い、茄子田慎吾。」とドラマの台本や、ガムテーム、手袋などを身に着けた“制作見習い”姿を公開した。

最後には写真撮影協力をしてくれたドラマ制作スタッフに向けて、「制作さん。いつも、忙しい合間を縫って、写真撮影に協力してくださってます。ありがとうございます!!」と感謝を述べ、「あ、結構、はしゃいでます。笑」とガッツポーズ姿も公開している。

ファンからは「ガムテープがこんなに似合う利久くんも素敵です!(笑)」「制作見習いの慎吾くんも素敵」「お仕事すごいできそう!笑」「スタッフ~~♪」「制作さん見習いかわいい」「ガムテープ腕に入れてるのがお仕事できそうな感じです!」「はしゃいでる様子が写真から伝わってきます!笑」「写真撮影すごく楽しそう」とコメントが寄せられている。

★萩原利久フィシャルブログ Powered by Ameba
記事タイトル:スタッフ~
記事URL:https://ameblo.jp/riku-hagiwara/entry-12369162649.html

関連記事

ページ上部へ戻る