山田裕貴のモニター越し“壁ドン”にファン悶絶!「気絶もん」

俳優の山田裕貴(29)が11日、オフィシャルブログと自身のInstagramを同時に更新。久しぶりにやったという壁ドンショットを公開し、ファンから「かっこよすぎ」「気絶もん」「レア度が高い」と反響を呼んでいる。

2020年1月23日からスタートするドラマ特区『ホームルーム』(MBS、毎週木曜深夜0:59~)で連続ドラマ初主演を務める山田。この日、「久しぶりに #壁ドン とかしたよね #Repost@homeroom_drama」と綴り、モニターに写る壁ドンショットを公開。

同ドラマについては、「ラブリンの…壁ドンッ!?これは純愛ドラマ…?ではありません」「学園”サイコ”ラブコメです ラブもありますが…狂愛です…」と紹介した。

山田は、女子生徒を“狂愛”するストーカー教師・愛田凛太郎を演じる。「ラブリン」の愛称で親しまれている爽やかイケメン教師。担任するクラスでは、生徒の桜井幸子に対して、イジメが続いており、そのたびに愛田が手を差し伸べていた。しかし、幸子をいじめていたのは愛田本人だった。幸子を好きすぎるあまり、自分でいじめて自分で救う、自作自演の救出劇を繰り返し、幸子のヒーローを装うが……という展開。

この投稿にファンからは、「ドキドキしました!」「壁ドン楽しみ」「今日も1日頑張れそうです♪」「どんだけかっこいいの?え?」「勝手に壁ドンされた気分」「ひゃあああああ」「気絶もん」「レア度が高い」「見れば見るほどいろんな感情を想像してしまう」「かっこよすぎてやばい」「近いッ!!笑 裕貴君の綺麗な瞳に見つめられたら墜ちてしまいそう…」「昇天しますって」「かっこよすぎ」「えーんかっこいい」「反則」「無理や、、カッコよすぎる」「とてもハンサム「めっちゃかっこいいー」「いいですすっごくいい~~~」「昇天~」「見惚れてしまう」「切実にされたい」と突然の壁ドンショットに驚きと悶絶の声が相次いだ。

■山田裕貴オフィシャルブログ「Trust yourself.」Powered by Ameba
https://ameblo.jp/yuki-yamada-we/entry-12556113048.html