大友花恋の「セクシーなタコ」にカワイイの声

モデルで女優の大友花恋(18)が2日、オフィシャルブログを更新。新社会人となった今の心境を「無重量だからこそ動き出せない 動き出したら止まれない無重力のように宙ぶらりんの私は わくわくと不安のサンドイッチのど真ん中」と綴り、女優の平祐奈(19)が主演を務める4月スタートのメ~テレ(名古屋テレビ放送)ドラマ『ミューブ♪~秘密の歌園~』でのオフショットを公開し、ファンから反響を呼んでいる。

「長いです。」と題して更新されたブログは、「これは話さないと。伝えないと。いやみんなに話したいし伝えたい。そんなことがいっぺんにやってきてまして、さてはて どれから話そうかと頭を抱えて考えています。でも、いつまでも考える人をやっているわけにはいかないので 順番順番に話していきますね。」と前置きをすると、まずは、4月1日に行った自身のセカンド写真集「Karen2」(東京ニュース通信社・3月31日発売)発売イベントでファンと話せたことや、「昨日の朝心を込めてサインしました。書きたてほやほやの、ついさっきまで触れ合っていた写真集が皆さんの手元に渡るのをみて 嬉しくてにやにや」と振り返った。

3月に高校を卒業した大友にとって同イベントは、“社会人になって初めてのお仕事”。「3月に高校を卒業して、まだまだ学生でいる気分でしたがいよいよ高校生ではなくなりました。不思議」と綴り、「高校3年間は光よりも音よりもあっという間で 学業と仕事の両立、なんてよく聞くけれど、口にするほど簡単ではなかったです笑 振り返ると楽しい思い出ばかり 浮かんでくるけれど 毎日がむしゃらになってたなあ、、と。そのことには楽しい楽しい楽しい!っていう 毎日の目の前の出来事に隠れていて あまり、気がつかなかったけれど。学校、制服、校則。縛られているから 自由でした」と回想した。

そして、社会人となった今の心境を「全てから解き放たれた今、無重量だからこそ動き出せない 動き出したら止まれない無重力のように 宙ぶらりんの私は わくわくと不安のサンドイッチのど真ん中にいます。どんな未来が待っているのか。私の階段はどこまで続いていてどこまで上がりきれるのか。そんな風な新社会人」と綴り、「さあ、明るく楽しく頑張ります」と意気込みを新たにした。

その他、1日に遅れのエイプリルフールネタで「私、タコになりました」とドラマ『ミューブ♪~秘密の歌園~』でのオフショットを公開したり、撮影現場で流行ったという“ナチュラルな嘘”(「私ピアノ習ってたの」「へー、知らなかった」「嘘なんだけどね」)もお披露目している。

ファンからは「花恋ちゃんみたいに素敵な高校生活を送れるように頑張ります!」「新社会人がんばろー」「大変だったよね、本当にお疲れ様でした」「これから社会人として楽しんで頑張って」「お互い頑張ろうね!!♪」「花恋ちゃんはかっこいい大人!!!」などのエールの声や、「タコ似合う」「タコになっても可愛い花恋ちゃん、大好き!(笑)」「タコさん姿いいですねw セクシーですw」「可愛すぎます」「タコさん可愛い」と絶賛の声が寄せられている。

『ミューブ♪~秘密の歌園~』の脚本を手掛けるのは、ユニークで個性的な役者として活躍する池田鉄洋。これまで数々の舞台を手がけドラマ、映画などの作家としての活動は演劇に留まらない。その才能を駆使して舞台設定や会話劇の細部まで工夫を凝らした、他では見たことのない個性派オリジナル「シットコムドラマ」を展開する。主演は平が務め、「ミューブ」=ミュージカル部の部長イケコ役を演じる。さらに、周りを固める部員たちを演じるのは、まさに旬な注目若手女優たち大友、優希美青、中村里帆 鶴田奈々、高月彩良だ。4月16日(月)スタート(深夜0:55~1:25)

★大友花恋オフィシャルブログ「かれんな花」Powered by Ameba
記事タイトル:長いです。
記事URL:https://ameblo.jp/karen-ni-saku/entry-12365291603.html

関連記事

ページ上部へ戻る