和田雅成 舞台『刀剣乱舞』大千秋楽を報告 荒牧慶彦との2ショットも公開

舞台「『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」に出演した俳優の和田雅成(27)が4日、オフィシャルブログを更新。6月14日から上演がスタートした本作の大千秋楽を迎えたことを報告し、「彼と刀を交える事が出来て 感慨深かった」と俳優の荒牧慶彦(29)との刀を交えた2ショットを公開した。

舞台『刀剣乱舞』とは、刀剣ブームを巻き起こした刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案とした人気舞台作品。16年5月の第一弾「虚伝 燃ゆる本能寺」、12月~17年1月にかけては「虚伝 燃ゆる本能寺~再演~」を上演。17年6~7月に「義伝 暁の独眼竜」、11月には新小田原城への来場者100万人達成記念として行われた一夜限りの野外公演「外伝 此の夜らの小田原」、同年12月の「ジョ伝 三つら星刀語り」上演に続き、18年6月~7月には「悲伝 結いの目の不如帰」を上演する人気シリーズ。

和田は本作公演後「舞台 刀剣乱舞 大千秋楽。」と題してブログを更新。「本日ご来場くださった皆様 映画館に足を運んでくださった皆様 ライブ配信をご視聴くださった皆様ありがとうございました」とファンに感謝を述べ、「誰一人欠けることなく 戦い抜く事が出来ました」と無事に大千秋楽を迎えられたことを報告。

続けて、「彼と刀を交える事が出来て 感慨深かったです」と山姥切国広を演じた荒牧と刀を交えてた2ショットを公開し、「最後にも言いましたが 支え合い 戦って 支えられ戦えました」と振り返り、改めて「本当にありがとうございました」と感謝の言葉でブログを締めくくった。

この投稿にファンからも、「60公演本当にお疲れ様でした」「へし切長谷部を生きてくれたのが雅成くんで本当に良かった!雅成くんのお陰で 長谷部のことが改めて大好きになりました」「想いやる姿やとぼける姿、焦る姿や戦う姿に笑う姿、全てが長谷部そのもの」「無事に笑顔で迎えることができて本当に嬉しかったです」「大千秋楽お疲れ様でした~パチパチ」「支え合える関係って素敵ですね!」「誰一人欠けることなく全60公演という長丁場を乗り越えられたこと、本当に安心しましたし嬉しく思います」などのコメントが多く寄せられている。

■和田雅成オフィシャルブログ 「志高く」Powered by Ameba
https://ameblo.jp/masanariwada/entry-12501536802.html

関連記事

ページ上部へ戻る