子役っぽくない子供らしさが魅力? 横山歩くん

去年、新・土曜ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系)で、俳優の堤真一が演じる左江内英雄の息子・もや夫役として出演し、話題を集めた子役の横山歩が、『科捜研の女17』(テレビ朝日系)の17話でゲスト出演を果たしたことで再び注目を集めている。

『スーパーサラリーマン左江内氏』放送時はかわいいと話題に。同作では、ドラマ本編への出演の他に、ヤフー・ジャパンやオリコン編集部を表敬訪問して宣伝活動をしたこともある。

『科捜研の女17』では、久しぶりに歩くんをみた人も多いようでSNSでは「髪の毛めちゃくちゃ伸びたね」「大きくなった」「めっかわ(すごくかわいい)」というコメントがみられた。

歩くんはテアトルアカデミー所属の子役で現在9歳。ネットなどの意見を参考にすると、子役だが、いい意味で子役っぽくない子供らしさが魅力となっているようだ。

ドラマ出演は9歳でありながらかなりの本数に出演しており、今年は『科捜研の女17』の他にも、『大岡越前 4』(BSプレミアム)などに出演しているようだ。今後もドラマでみる機会が増えそうな子役のひとりだろう。

*画像 テアトルアカデミーツイッターから @theatreacademy

 

関連記事

ページ上部へ戻る