キムタクとの共演が話題の子役・豊嶋花ちゃん

俳優の木村拓哉が、主演を務めるテレビドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の6話で、女優の山口智子と1996年の大ヒットドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)以来、22年ぶりの共演を果たしたことで話題となっていたが、この日の放送で、その話題にも負けず注目を集めたのが、内閣総理大臣の鮫島匡一(橋爪功)の孫・彩矢を演じた子役の豊嶋花ちゃんだ。

放送終了後から木村と花ちゃんのツーショットがうらやましいとSNS上で話題となり、同局の他のドラマにも出演して欲しいなどの意見も見られた。

花ちゃんは現在10歳だが、09年には『いないいないばあっ!』(NHK Eテレ)に出演経験があり、芸歴が既に9年あるベテランだ。

そんな、花ちゃんが注目されたのが、2017年10月から12月まで放送された、タレント・黒柳徹子の半生をもとにしたテレビドラマ『トットちゃん!』(テレビ朝日系)で、黒柳の少女時代を演じた時だ。

その演技力の高さは、母親役で共演した女優の松下奈緒も評価するほどで「子供時代の徹子さんはとにかく、よく笑い、よく歌い、よく走り回るお子さん。撮影をしながら、花ちゃんは『徹子さんそのまんま』だな、と日々感じていました」と語ったことも。

花ちゃんはテレビ朝日系のドラマに多く出演しているが、同局では『相棒』『科捜研の女』『ドクターX~外科医・大門未知子~』と人気ドラマシリーズを多く放送している。もしかすると、俳優の水谷豊、女優の沢口靖子、米倉涼子など各シリーズで主演を務めるキャストとの共演も今後みることができるかもしれない?

豊嶋花プロフィール http://www.smile-monkey.com/talent/toyoshima_hana/

*画像スマイルモンキー広報ツイッターから @smilemonkey_jp

関連記事

ページ上部へ戻る