是枝裕和監督の最新作に出演したふたりの子役、城桧吏くんと佐々木みゆちゃんに注目!

フランスで開催中の『第71回カンヌ国際映画祭』で現地時間13日、コンペティション部門に選出された是枝裕和監督の『万引き家族』が上映された。この作品で、是枝監督、安藤サクラ、樹木希林、松岡茉優らと共に、レッドカーペットに登場したのが、子役の城桧吏くんと、佐々木みゆちゃんだ。

ふたりは同作のオーディションで選出され、出演を果たした。報道によると、他のキャストとまるで本当の家族のような雰囲気をまといながら、会場に登場したという。

是枝監督作品といえば、かつて『誰も知らない』で、主演で当時子役で14歳の柳楽優弥が、2004年の第57回カンヌ国際映画祭において史上最年少および日本人として初めての最優秀主演男優賞を受賞したことが有名だ。

他にも2013年の第66回カンヌ国際映画祭では『そして父になる』が審査員賞を受賞。同作でも、子役の生々しい演技を引き出し話題となった。是枝監督は役者の持つ魅力を最大限に出す監督して知られるが、なかでも子役の演技指導では、特に称賛を受けている。

桧吏くんもみゆちゃんも、まだ出演しているCMやドラマ・映画は多くないようだが、是枝監督の作品に出演したということで、これから大きな注目を集めるのは間違いないだろう。もしかした第二の柳楽になるかもしれない!?

*画像参照 映画『万引き家族』公式ツイッター @manbikikazoku

関連記事

ページ上部へ戻る