あのCMの麦わら少女・藤澤遥ちゃん

2016年に味の素のCMに麦わらの少女として登場し一体どんな子なのかとネットで話題になった子役がいる。

その子役の正体は藤澤遥ちゃんで現在13歳だ。その後、ドラマ『母になる』(日本テレビ系)にも出演し、女優の沢尻エリカ、俳優の藤木直人らと共演を果たした。

遥ちゃんの名前が広く知られるようになったのは、味の素のCMと、その同時期に放送された『トットてれび』(NHK)だった。同作で遥ちゃんは黒柳徹子の幼少期を演じている。

同じく2016年に放送されたドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系)では、女優の吉田羊演じる主人公・橘志帆の亡くなった娘役という難しい役どころで出演したが、特に最終回での演技評価はツイッターではかなり高かった。

なお特技はプロフィールによるとクライミング(ボルダリング)とのこと。クライミングといえば、2020年の東京オリンピックでスポーツクライミングが初めて実施される。今後もしかすると、クライミングをテーマとした情報番組などでも出演の可能性があるかも?(ジェイタメ編集部)

*画像参照 レディ・ダ・ヴィンチの診断 @ladydavinci_ktv

関連記事

ページ上部へ戻る