『西郷(せご)どん』の話題の子役・渡邉蒼くんってどんな人?

NHKの大河ドラマ『西郷(せご)どん』で鈴木亮平演じる西郷隆盛の幼少期・西郷小吉を演じた13歳の子役・渡邉蒼くんが話題となっている。

初回放送では、大人顔負けの演技を披露。剣を握れなくなり苦悩する姿が話題を呼んだ。2話以降は鈴木が出演しているので、放送中ドラマでの渡邉くん登場シーンはなくなってしまったが、ネットでは「もうちょっと見たかった」「OP映像に出てくれて嬉しい」など、早くも、2016年放送された大河ドラマ『真田丸』でトレンドワードにもなっていた出演終了や番組終了による「〇〇ロス症候群」に陥っている人がみられる。

渡邉蒼ツイッターから

渡邉くんが所属する事務所は「YG ENTERTAINMENT JAPAN」で、BIGBANG、PSYなど有名韓国芸能人が所属する事務所の日本支社にあたる比較的新しい芸能事務所だ。同事務所では、モデルの大和孔太や勧修寺保都なども所属しており、現在2人はドラマ『狼ゲーム ロストエデン』(テレビ埼玉など)に出演中だ。大河での人気爆発で、今後渡邉くんの活躍の場も増えるかもしれない。

実は、渡邉くんは以前、2015年2月に放送された『THEカラオケ★バトル』(テレビ東京系)で開催された「U-12大会」にも出場しており、その時はSuperflyの『やさしい気持ちで』を歌い、94.684点を獲得している。その際は、マイケル・ジャクソンにあこがれており歌とダンスを勉強中と話していた。今後のドラマ出演でその歌やダンスの技術を見せてくれる機会もあるかも? 今後の活躍に期待大だ。

*渡邉蒼ツイッター @aowatanabe1014 https://twitter.com/aowatanabe1014

関連記事

ページ上部へ戻る