既に生涯役者宣言!? 東映のPも推薦する大西利空くん

今月11日にドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系)が最終回を迎えたが、同作では主人公・堂島旺太郎を俳優の山﨑賢人が演じていたが、その堂島の幼少期時代の話で子役が出てきたのを覚えている人はいるだろうか?

その堂島の幼少期を演じたのが、現在11歳の子役・大西利空くんだ。利空くんは、2016年に公開された映画『ぼくのおじさん』で、俳優の松田龍平と共演して話題を呼んだ子役でもある。

その演技力は以前から評価されている。2016年1月14日に放送された『めざましテレビ』(フジテレビ系)番組内の企画で、東映のプロデューサー・川田亮氏が、今後ブレイクする役者として、当時9歳だった利空くんを推薦したほどだ。川田氏によると、とにかくセリフの覚えがよいとのこと。

映画・ドラマの出演の他に、CMでも多数の作品に出演しているようだ。川田氏の話では、利空くんは早くも生涯役者で行きたいと希望を語っているとのことで、今後の活躍には注目だ。

*画像 テアトルアカデミーツイッターから @theatreacademy
https://twitter.com/theatreacademy/following

関連記事

ページ上部へ戻る