KAT-TUN上田竜也 レッドブル400に参加の「炎の体育会TV」の放送が待ち遠しい

北海道札幌市にある、大倉山ジャンプ競技場で先日開催された「Red Bull400(レッドブル400)~SAPPORP OKURAYAMA」に「KAT-TUNの上田竜也が参加している」とSNSで話題になっていた。

ジャンプ競技場の斜面を駆け上がるものだ。公式ホームページによると、レッドブル400とはこうだ。

「世界で最も過酷な400m走」と言われ、スキージャンプ競技場のラージヒルを利用し、スタートから100mを超えたあたりから、スロープの斜度は30度を超え、立ったまま登ることが困難になり始め、その後に待ち構える最高斜度37度に達するK点の壁では心拍数がほぼMAXに。高さ3mを超えるジャンプの踏み切り台とのギャップを埋めるために設置されたスロープをクリアして最後の100mへ。(公式HPより)

今年は5月18日に開催され、当日の天候は快晴で最高気温が26度まであり、北海道なのに暑い一日になったようだ。

ジャニーズ事情通は「上田がレギュラー出演しているTBSの人気番組『炎の体育会TV』の人気コーナー『上田ジャニーズ陸上部』の収録で参加していたようで、上田と陸上部のメンバーのジャニーズJr.が数人いたことが目撃されています。この競技は、炎の体育会TVで以前、『感謝祭マラソンで優勝した上田くんにおすすめの新スポーツ』として紹介されていたことがあったんです。本当にやったんですね」と語る。

ファンはSNSで「何事かとおもったら、ジャンプ台を駆け上る競技なんだね」「無理をしないでほしい」「でも応援してる」などと喜んでいる。また、会場にいた人たちも「上田竜也いる、やばい」「かっこいいわ~」「根性ありますね」と男女問わずに感想をSNSで述べていた。

実際、上田の根性と身体能力はすさまじい。体育会TVでは、トップアスリートたちとハンデつきとはいえ、真剣勝負するが、ことごとく打ち勝ってきており、〝アスリートキラー〟と呼ばれている。

「KAT-TUNとしてデビューした直後からボクシングを始め、10年以上続けています。一度はプロを目指したこともあったほどです。いつでも動けるようにとトレーニングを欠かさず、毎日10キロもランニングしているそうです」と前出事情通。

また、KAT-TUNのドキュメンタリー番組で、武井壮が上田について「(上田の身体能力は)けっこう財産だぜ、(400メートルを50秒台で走れる一般の人はそんなにいないよ。僕にもたまに、『武井さん、一緒に走らせてください』ってメールしてきますからね、すごい貪欲ですよ、あの男」と話していた。

今後放送される「炎の体育会TV」が待ち遠しい。(二浦誠)

関連記事

ページ上部へ戻る