ファンも驚くぶっちゃけトークでメディアも釘付け!? 赤西仁の本音トークが面白い

元ジャニーズの赤西仁の、ライブでするMCの発言に注目が集まっている。

今年2月から最新アルバム「Blessed」を引っ提げ、全国ツアー「JIN AKANISHI LIVE TOUR 2018 “Blessed”」を行っている赤西。先日11日に福岡市民会館で行われた際に、MCで「AKB好きなんだよね」と語り始めると、話の流れから、HKT48の指原莉乃とカラオケに行ったことを告白。2年ほどの前のことで、その際、AKBの事務所関係者も同席し、その関係者から誘われたという話だったが、「多分撮られてるんじゃないかな? 指原の他にもAKBの人が2人くらいいたんだけどね。誰か思い出せない」と話したという。

赤西のMCで他にも話題になったのが、2月のコンサートでのこと。「SMAP×SMAP」に出演した話をきっかけに、「中居くんと木村くんでやってるんじゃないの?」とSMAPが解散したのをはじめて知ったこと。元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が昨年の11月に行ったAbemaTV での「72時間ホンネテレビ」から出演オファーがあったことなどを明かした。

普段、なかなか聞けない本音トークが満載していたライブ。ジャニーズからも離れているからこそ、できるぶっちゃけトークだが、ある音楽関係者は「いまはテレビに出ても、簡単にCD売れる時代じゃない。大物アーティストでもライブをやって即売でCDやグッズを売るのが当たり前のようになっている。そういう意味では赤西のライブは面白いとなれば、ファンは詰め掛けます。しかもいまはこういう発言がネットで広がっていきますし、そうなると既存のメディアも放っては置けなくなるかもしれない。潜在的な赤西ファンを掘り起こすことも出来る。個人でがんばっている赤西だからこそ出来る技でしょう。上手い戦略です」。

ぶっちゃけトークで再びブームを作り上げるか知れない。(二浦誠)

*画像 Jin Akanishi 赤西仁ツイッターから @Jin_Akanishi

関連記事

ページ上部へ戻る