「翔んで埼玉」に倣って視聴率次第では映画化もあるドラマ「家政夫のミタゾノ」

TOKIOの松岡昌宏が主演のドラマ「 家政夫のミタゾノ 」の第3弾がいよいよスタートするが、今回の結果次第ではいよいよ映画化もあるのではないかとささやかれている。

テレビ朝日が深夜のキラーコンテンツとして育ててきた「ミタゾノ」。松岡扮する、女装した家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていくヒューマンドラマだ。2016年に初めて放送され、昨年4月に第2弾が放送された。視聴率は5~8%と午後11時台のドラマにしては大成功と言ってもいいくらいの数字をたたき出している。

ある制作会社関係者は「今回、高視聴率なら映画化もありなんじゃないかという話もチラホラ出始めているんです。もともと女装というキワモノというか、ギリギリの線での設定のため、ゴールデンでは厳しいが、深夜なら大丈夫だろうと、これまでやってきましたし、これまではいくらなんでも映画化はキワモノすぎだろうという論調でした。ただ、あの映画がありなら、『ミタゾノ』もありだろうということのようです」。

映画化ができるかどうかを左右する映画というのが大ヒットした「翔んで埼玉」だという。埼玉県をとことんディスるというこの映画は誰もが予想しないほどのヒットとなった。前出の関係者は「『翔んで埼玉』もキワモノといえばキワモノ。あれが受け入れられるのであれば『ミタゾノ』も大丈夫ではということようです。むしろ今では制約の厳しいテレビよりも映画のほうが無茶が出来る時代なのかもしれませんが、その話も第3弾が高視聴率で終わるかどうかというところの話のようですが」。

2度あることは3度あるという具合に視聴率を叩きだせるか。(二浦誠)

*『家政夫のミタゾノ』ドラマ公式Twitter
@mitazono_desu