田中珠里、音楽映画「ディスコーズハイ」は“音楽が好き”がたくさん詰まった作品! 

7月8日(金)からアップリンク吉祥寺、8月6日(土)から大阪・第七藝術劇場、8月19日(金)から京都みなみ会館にて公開される音楽映画『ディスコーズハイ』。

タイトルである『ディスコーズハイ』とは、ディスコード(discord;不協和音)とランナー
ズハイを混ぜた造語。
監督自らが音楽活動する中で、才能や口約束のような決して目に見えないものに翻弄されるばかりの音楽業界において、それでも音楽がど真ん中に有るべきだという気持ちや初期衝動を込めて制作された本作は、日本芸術センター第 13 回映像グランプリにて発掘賞、神戸インディペンデント映画祭 2021 にて奨励賞を受賞。劇中の架空のバンド「P-90」もバズり、公式ツイッターのフォロワーも約 2 万人に。満を持しての公開となる。

ジェイタメ編集部では、本作の音楽事務所で担当するバンド「カサノシタ」のMVの予算が下りず、奔走する主人公・瓶子撫子(へいし・なでこ)役の田中珠里に見どころなど話を聞いた。

–初主演おめでとうございます!
初なんです、うれしいです。決まった時、実感がなくてフワフワしてました。

–ディスコーズハイはこんな映画
撫子(なでこ)がいろんな事にぶつかりながら、周りの人に助けてもらいながら成長していく音楽映画です。

–田中さんの役どころ
思った事をなかなか声に出せず、人とぶつかってしまう不器用な女の子なんですけど、実は仲間思いでお母さんの事も大好きで‥そういう優しい一面を持った女性です。

–見どころは
そうですね‥いっぱいあるんですけど映像が綺麗なところと、監督が拘っている部分がたくさんあるところですね! 特に好きなシーンはやっぱり最後のライブシーンです。
監督の拘りが詰まったシーンは“花火”があがるところです。監督とスタッフさんが自分たちで花火をあげたんですよ、なのでほぼ一発撮りだったんです。

–瓶子撫子(へいし・なでこ)役を演じて思う「バンド活動」って?
大変だなっていうのが分かりました。一人でやってる訳じゃないから、チーム内でぶつかることもあるし、そんな中で音楽も作らなければならないし、やっぱりすごい難しいなって思いました。でも、歌詞を歌にして届けるってすごい素敵な仕事だと思うし、遣り甲斐がとてもあると思います。

–プライベートでも音楽は?
アコギを少しやっています。楽譜を見ながらだったら1曲弾けます。もっと上手くなって路上ライブをやりたいですね!

–ちなみに誰の曲を?
あいみょんさんが好きなんです。マリーゴールドを練習してます、あと“ゆず”さんも‥

–岡本監督ってどんな人?
すごく個性豊かな面白い監督で、出演者やスタッフさんから愛される方なので、いろんな方に監督を知ってもらいたいですね(笑)。岡本監督の作品だったらこれからも出たいって思うくらい素敵な方です。

–作品のPRをどうぞ
岡本監督の“音楽が好き”がたくさん詰まった作品になってます。そして撫子(なでこ)の頑張っていく姿に共感していただける部分はたくさんあると思いますし、この作品を通して新たに違うジャンルの音楽にも興味を持ってもらえたら嬉しいです。

衣裳協力 MYAXIS

■あらすじ
音楽事務所ヤードバーズに叔父のコネで入社した瓶子撫子(へいし・なでこ)。
売れっ子バンドを次々と排出する同僚の別久(べつく)とは違い、彼女の担当するバンド「カサノシタ」はデビュー以来鳴かず飛ばず。
おまけに極度のあがり症で自身も会社のお荷物扱い。
次回作の予算もロクに下りず、自らの手でMVを制作し、その反応次第でリリースを検討という事態に。
まさに崖っぷちの現状にも関わらずメンバーの危機感及びやる気はゼロ。
それでも撫子は別久への対抗心を燃やし、なんとか結果を出そうと奮闘するのだが…。

瓶子撫子(へいし・なでこ)役:田中珠里(Shuri Tanaka)
1998年12月14日生まれ。京都府出身。
2019年、NHK「だから私は推しました」に出演。2020年、MBS/TBS「荒ぶる季節の乙女どもよ。」の本郷ひと葉役では再現度が話題となり、同年配信ドラマ「妖怪人間ベラ〜Episode0〜」では副島かおる役を怪演。今年1月の舞台「BASARA」では主演を務め、活動の幅を広げている。

【監督・脚本・撮影・編集・楽曲制作・整音】
岡本崇(Takashi Okamoto)
奈良県出身。
2008年頃からインディーズバンド界のMV制作黎明期を支える。2017年より本格的に映画制作を始め、短編映画『ロック未遂』が福井駅前短編映画祭2018でベストアクトレス賞を受賞。2021年、『ディスコーズハイ』では神戸IFFにて奨励賞、日本芸術センター映像グランプリにて発掘賞を受賞。その他多数の入選作を持つ。

【クレジット】
田中珠里 下京慶子 後藤まりこ
鈴木大夢 ぽてさらちゃん。 鈴木智久
川村義博 ダイスケ 片山誠子
ひがし沙優 矢野愛林 愛田天麻
伊集院香織(みるきーうぇい) アール 神楽鈴の徘徊者

監督 : 岡本崇 脚本 : 岡本崇
撮影 : 岡本崇 芦村真司 録音:坂厚人 照明:SAKURA
音楽 : ウパルパ猫 德田憲治 3markets[ ]
キャスティング : 内田蘭 編集 : 岡本崇
助監督 : 中山紗奈 現場補佐 : ましょ イケガワカツヒロ
キャラクター協力:城間一樹(SpaceOnigiriGames)
主題歌 :「いつかバンドがなくなったら」秦千香子(ex.FREENOTE)
配給 宣伝 : アルミード 製作 : コココロ制作
2021年/日本/カラー/16:9/STEREO/101分 ©2021コココロ制作

公式サイト: https://plisila.wixsite.com/mysite
Twitter: @raidiochandesu
Facebook: @discordshigh