山里亮太、映画のオススメ理由に阿部サダヲの演技をあげた東野幸治に違和感

15日深夜放送の『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、映画のオススメ理由に阿部サダヲの演技をあげた東野幸治に違和感を覚えた瞬間を語った。

番組では、山里が13日の自身のTwitterで「オススメの映画情報ありましたら教えてくださいませ。ざっくりあらすじや見所なんかもあったらなお嬉しいです!」とつぶやいた後の反応について語っていた。

山里は「皆さんがTwitterで映画情報をくれて、嬉しくてね」と明かし、「みんな凄いね、映画知ってて! で、みんな凄い紹介が上手くて面白いな~って思って、なんで今まで観れなかったんだろうって」と、どの作品も観たくなったと話した。

しかし、オススメされた全ての作品を観るには時間が足りないということで、山里は「『時間無駄に使ったな~』って振りかえちゃったのよ。沢山観ておけばよかったなと。リスナーの皆さんがさ、本当に色んな映画知ってるんだなぁ~って思って。観たい映画だらけで」と残念そうに語った。

そのツイートがきっかけで、東野から現在公開中の『死刑にいたる病』を一緒に観に行こうとTwitterで誘われたということで山里は「東野幸治さんから、『死刑にいたる病、観に行こうよ、阿部サダヲの演技が凄いよ』とか言って」と、東野が阿部の演技をオススメ点としていたと説明した。

しかし、東野は12日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)で見せた、想像を超える大根役者ぶりがネットで話題になっており、山里は「東野さんが演技のこと言うなんて、どういうつもりなんだろう? と思いながら(笑)」と心境を明かし笑いを誘ったのだった。

なお、山里は東野のTwitterにも「先日拝見したあの勇姿から演技というものにご興味はないのかと思ってました」と返信している。