伊藤健太郎の仕事復帰で続編もありそうなあのヒット作

俳優の伊藤健太郎が17日、都内で行われた主演映画「冬薔薇(ふゆそうび)」(阪本順治監督、6月3日公開)の完成披露上映会で舞台あいさつしたことを、各メディアが報じた。

伊藤は2020年10月にひき逃げ事件を起こし、21年3月に不起訴処分となった。ファンクラブを設立し、写真展を開催するなどしてきたが、映画出演は2年ぶりとなった。

伊藤は満席の客席を見渡し、「味わったことのない感覚というか、この景色を早く見たいと思いながらずっと過ごしていたので……」と涙をこらえ、「うれしいです、すごく」と言葉を絞り出したという。

撮影初日を、「正直な事を言うとめちゃくちゃ怖かった。約1年、お休みさせていただいていたので、怖い気持ちはあった」と振り返った。作品については、「あの時自分が、あのタイミングでできる最大の力は出し切ったつもりですし、自信を持って皆様にお届けできると思っています」とアピールした。

名匠・坂本監督が伊藤に当て書きしたという作品だけに、これ以上にない伊藤の復帰作となった。

今後、以前と同じように俳優活動をこなして行くことになると思われるが、そこで浮上しているのがあのヒット作の続編だという。

「日本テレビ系のドラマ版と映画版がヒットした、伝説のヤンキー漫画を実写化した『今日から俺は!!』の続編です。賀来賢人と伊藤のコンビが見事にハマり、伊藤にとっての代表作に。ドラマ、映画どちらの続編でもヒットすることは間違いないだろう。キャスト陣のスケジュール調整もあるのでまだまだ先になりそうだが」(芸能記者)

もう伊藤がハンドルを握ることはなさそうだ。