太田光、上島竜兵さんの芸に対する姿勢について「やりすぎなくらい練習したのが本番でわかる」

15日放送の『爆笑問題の日曜サンデー』で、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光りが、11日に亡くなったダチョウ倶楽部・上島竜兵さんの、芸に対する姿勢について語った。

番組では、「ニュースサンジャポ+PLUS」のコーナーで、亡くなった上島さんに関するニュースを扱った。

爆笑問題は、かつて太田プロダクションに所属していた際、ダチョウ倶楽部は事務所の先輩だったということで太田は「ダチョウさんはとにかくね、南部(虎弾)さんがいた頃から知ってるけど」と話した。

その後、ダチョウ倶楽部のネタ作りの話となった。熱湯風呂や熱々おでんなど、何度もやっていてオチが決まっているネタでも、ダチョウ倶楽部が笑いを取れる秘密について太田は「体張ってたけど、実はダチョウ倶楽部は“間”がいいんですよ、とくにかく。間の芸人なんですよ。『聞いてないよ~』とか言うソレが、あの人たちの間じゃないと笑えない」と解説する。

さらに太田は「だから上島さんが散々やられて『おいっ!』って言うときの、あの間なんだよね」と上島さんが笑いを取るために絶妙なテンポでツッコミを入れると話した。その間になるのはかなりの時間を要すとのことで、太田は「あれをね本当に練習するんですよ。ダチョウさんってコントやるときに、やりすぎなくらい練習したのが本番でわかるのね。ピッタリすぎるから」と普段から練習を繰り返してきた成果だと明かし、「体を張ってると言われるけど、実はただ体を張るだけだと、あの間にはならないんだよね。練習の鬼だったもんね」と簡単に出来る芸ではないと振り返ったのだった。