山里亮太、「信玄餅と同期」発言した井森美幸を思い出し笑い!

27日深夜放送の『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が井森美幸の名言のせいで、マクドナルドの前でツボにはまり笑ってしまったエピソードを語った。

番組では、山里が「いや~、先週の群馬の女王をビッチョビチョに浴びたら、俺ちょっと特殊な体になちゃったのよ」とゲスト出演した井森の話題から始めた。

井森といえば、数々のバラエティー番組で鍛えたトークスキルが有名だが、山里も「もう口々にみんながね『天才だ、天才だ』って。面白いのね、再確認したっていうか」と絶賛した。

山里は先週の井森について「バラエティークイーンが紡ぎ出す言葉の素晴らしさって何個かあったんですよ」と話し、「私の1位は、井森さんも芸歴を重ねてね、『もう37周年で、40周年も頑張っていきましょうよ』なんて話をしたときに井森さんが言った、『私、信玄餅と同期なの』。もうね、これが忘れられなくて」とトーク中に飛び出した、とある名言について触れた。

この発言に関連して山里は「『信玄餅と同期なの』これはもうシビれ上がって。それからですよ、奇跡…? ひょっとして伏線だったのかなって思うんだけど。マクドナルドが、信玄餅パイみたいなのを出したのよ!」と偶然にもマクドナルドが「桔梗信玄餅パイ」を限定販売したと説明した。

山里はそのせいでポスターの前でツボにはまってしまったようで、「マクドナルドの前を通ったときに、ドドンとポスターに『信玄餅パイ』って貼ってあって、俺、すげぇニヤニヤしてず~っとポスター見てたのよ。で、ちょうど出てきた人と目が合ったときに『うわ、気持ち悪っ!』って顔になって。それはそうだよね…向こうは知らないからね、俺が信玄餅がツボになっちゃった体だって」とポスターを見て笑っていたことを不審がられたと明かしたのだった。