いよいよ大みそか復活なるか!?「新しい地図」の3人!

元SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人のメンバーからなる新しい地図が、今年こそ出場するのではといわれているのが紅白歌合戦だ。

視聴率の低下が激しい紅白の起爆剤となるか。4月からNHKのEテレで放送されている教育バラエティ番組「ワルイコあつまれ」がレギュラー放送される。もともと不定期放送の特番だったが、評判がよくレギュラー化となった形だ。3人の地上波レギュラー放送は初となる。

ある制作会社関係者は「3人はジャニーズを独立して以降、なかなかテレビへの露出が厳しい時代がありましたが、それでもNHKは他の民放に先んじて彼らを起用してきました」。

ジャニーズを辞めた直後にも、パラリンピック特別親善大使を務めていた3人を番組に起用していった。一昨年には稲垣が朝ドラ「スカーレット」に出演すれば、昨年の大河ドラマ「青天を衝け」では草彅が準主役級の活躍を見せた。香取も年末に「太平洋戦争80年・特集ドラマ『倫敦ノ山本五十六』」に主演した。

この流れで今回の『ワルイコあつまれ』のレギュラー化ですから、NHKの3人への期待がうかがいしれるというものだ。NHKと新しい地図の3人との関係を考慮すれば、いよいよあるのではといわれるのが紅白歌合戦だ。

昨年も草彅をはじめNHKへの出演が多かったことで出演もあるかと言われていたが、3人の名前はなかった。ただ、今年は状況が違う。前出の関係者は「昨年の紅白は34・3%と2部制になった1989年以降で過去最低だった。今年は紅白スタッフも様変わりすると言われていますし、視聴率アップのためにも、目玉として3人の出演があるんじゃないかといわれています。もちろん、古巣のジャニーズとの調整も必要でしょうが、出演すれば俄然注目度は大きいですからね」。

いよいよ大みそかに復活の時がくるか。