劇団ひとり、妻の大沢あかねはブスイジりして良い人を選んでいると暴露!

3月30日深夜放送分で6日にYouTubeに投稿された『太田上田』(中京テレビ)で、お笑いタレントの劇団ひとりが、妻・大沢あかねに対してのブスイジりについて語った。

番組では、爆笑問題・太田光が「本当にありがとうございましたって手紙もらったよ」と大沢から手紙をもらったと話した。

3月15日深夜の放送回に逆オファーをかけて出演した大沢は、ひとりに向かって「おまえのカミさんブスだろ」と言ってキレさせる、太田が発端と言われているネタについて、「テレビを見ていたら、全然知らない芸人さんが太田さんに続けとばかりに『あいつブスだ』って(言っていた)」とクレームをつけるなど、爆笑シーンを演出していた。

ひとりは最近、大沢がその、ブスイジりの反応を人によって決めている可能性を発見したようで「ある程度売れている人に言われても怒んないだよね」と話すと、くりぃむしちゅー・上田晋也は爆笑し、太田も「最悪だよ! なんだ、その差別」とツッコミを入れた。

さらに、ひとりは「やっぱ弱いんでしょうね、売れてるやつに」とコメントし、「この前、神宮寺しし丸っていう俺の可愛がってる後輩、それがなんかイジってたんですよ、もうブチギレ!『なんでアイツに私がブスって言われなきゃいけないの!』『まあまあまあ落ち着いて』って。めちゃめちゃ人見てる」と自身の後輩芸人の場合はキレたと明かし笑いを誘った。

なお、6日深夜の放送回では、ひとりゲスト回の後半が放送され、ひとりが購入した自動車用のウインチを試すための企画がやりたいと提案した際、上田が参加を拒否し「はたから俺、(ひとりの)奥さんと見てるわ」と話した。

すると、ひとりは「『俺たちもウインチやって見る?』みたいな話するんじゃないですか? イヤらしい!『俺のウインチすごいんだぞ』つって(笑)」とイジったが、直後に上田まで「ブスとする訳ねえだろ!」とブスイジりをされ、ひとりは「あ~ブスって言った! ウインチしてやれー!」と声を荒げ爆笑を誘ったのだった。