伊集院光、自動車教習所の教習生を増やす方法を語る「巨乳でシートベルトをキツめに…」

27日深夜放送の『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)で、タレントの伊集院光が、自動車教習所の教習生を増やす方法を語った。

番組では、以前、伊集院がバイクの免許証を取りに行った教習所の話をしていた。

その教習所は、巨人や日本ハム、DeNAで投手として活躍した元プロ野球選手である林昌範さんの父が経営する教習所だった。伊集院はその教習所の教官の教え方がよかったということで、力になりたいと教習生を増やす方法について提案したそう。

「女性需要狙いで空きスペースで他の習い事を出来るようにする」「卒業するとレンタバイクのチケットがもらえる」と真面目な提案を林さんに伝えたことを説明した後、伊集院は「最終的に思ったのが、学生がすごい少ないの。男子学生少ないから、あそこを掘り下げないといけないと思うんだけど、そうなってくると…、巨乳でシートベルトをキツめに締める、教官だよね」と急にネタに走り笑いを誘う。

さらに伊集院は「あの(笑)、道路交通法の用語でなんていうのかわからないけど“パイスラ”っていうのかな? あれをもうギュンギュンに! ギュンギュンになってる教官がいてくれればたぶん実地はどんどんダブるでしょ(笑)その度にお金は入ってくるでしょ」とプレゼン。「あとは『おっぱいバレー』方式で、卒験一回受かったら、おっぱい見してくれるが、まぁ~そこそこいいんじゃねえかな」と昔のヒット映画をネタに話したが、さすがに林さんに女性教官でアピールする提案はしてなかったようで「まあ、この後半の意見は、言ってないです。林さんに」と明かしたのだった。