大竹まこと、日本維新の会が衆院選での大躍進に驚き「東京にいたら意外な答え」

1日放送の『大竹まこと ゴールデンラジオ!』(文化放送)で、タレントの大竹まことが、10月31日に投開票された衆議院議員選挙で日本維新の会が大躍進したことに驚いた。

番組では、ゲストを呼ぶ前に、前日に投開票された衆院選に関して、大竹が感想を語った。

今回の選挙では、自民党はやや議席を減らしたものの単独で絶対安定多数を確保。野党は立憲民主党が公示前より議席を減らし逆、日本維新の会が議席を4倍以上に増やしたということで大竹は「維新が思いのほか伸びたというニュースが伝わってきたね。維新が伸びた理由についてはもう分かんないっていう人が多かったね(笑)」と維新の躍進について意外そうに語る。

ただ、その兆候はこの番組でもあったようで、以前、作家の高村薫氏がゲストで出演したときの話を大竹は「高村薫さんがお出になったときに『大阪の吉村(洋文)さんはどうですか?』みたいなことを聞いたら、『あの、とってもいいですよ』という。東京にいたら意外な答えが返ってきたので」と吉村大阪府知事の評価が、関東で感じるよりもかなり評価が高かったと振り返る。

しかし、ここまでの躍進は予想外なのは変わらず大竹は「『ああそうか、関西地方というのはそういうこと思ったりしてるのかな~』と、そのときは思ったんですが、それがこんな風に票が伸びるとは思いませんでしたけどね」と驚いた。