脅威の筋力を見せ付けた野田クリスタル

筋肉芸人のなかやまきんに君が29日、YouTubeチャンネル「ザ・きんにくTV 【The Muscle TV】」を更新し、同じく筋肉芸人として知られるお笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルをデッドリフト対決を行った。

デッドリフトとは、バーベルを持ち上げ、下背部・臀部・脚部を鍛える代表的で、難易度が高い上級者向きのウエートトレーニングの種目。きんに君は身長177センチ、体重75キロ、野田は身長178センチ、体重75キロとほぼ同じ体格とあって、どのぐらいの重量を持ち上げるかが注目された。

ウオームアップから試技を行い、2人そろって170キロをクリア。その後、野田が挑戦を表明したのがまさかの200キロ。きんに君は「ちょっと待って。これ、もうお笑い芸人の域を越えた挑戦になってる」と仰天。

多忙を極め「M-1グランプリ」優勝以降は扱っていない重量だったというが、野田は「200キロ以下になったことがない」と自信を見せバランスを少し崩しながらも引き上げると、きんに君は「お~! スゴいよ!」と絶叫した。

きんに君は自己ベストの175キロに挑戦したが、惜しくも失敗。「これが現実です」と結果を受け入れていた。

「野田は2014年から筋トレを始めたことにより3カ月で15キロ体重を増やしマッチョ体形に。そのおかげで、筋肉を生かした芸を行うことも。毎日身体を追い込んだことにより身長が1センチ伸びたというから驚きだが、200キロ超えはパワーリフティングの選手レベルの脅威の筋力」(芸能記者)

今年夏には、野田がプロデュースする、吉本芸人がトレーナーを務めるパーソナルトレーニングジム「クリスタルジム」をオープンさせた。自身が企画発案から物件の内見まで行ったという思い入れのあるジムだが、今後、徐々に世間にその存在が知れ渡りそうだ。