野田クリスタルが『学校へ行こう!』最終回に出演できなかった理由は?

27日深夜放送の『マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)で、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルが、26日に放送された『学校へ行こう! 最終回2021生放送3時間スペシャル』(TBS系)に出演者として出られなかった理由を語った。

番組では、野田が『学校へ行こう!』の本番前の楽屋に行き、V6のメンバーと写真を撮った話をしていた。

野田は高校生時代の2002年に同番組の「お笑いインターハイ」に出場し優勝した経験があり、最終回に出たいと思っていたが、叶わず、わずかな時間を使いゲリラ的に楽屋に行ったそうで、野田は「僕が、岡田(准一)さんに『昔、“学校へ行こう!”に出てた者なんですけども…』って言いまして(笑)。もう足震えて、口パクパクで」と明かした。芸人となった後に会ったことのある井ノ原快彦以外の、メンバーも快く迎えてくれたそうで、井ノ原の提案で撮った写真については「ルミネに飾ろうかな?」と話していた。

その後、村上が「なんで出れなかったんですか? なんか出てもよさそうな空気じゃない?これまで、色んなところで言ってるし」と出演できなかった理由を聞くと野田は「その…、芸能人してるからですよ。裏かぶりですよ!」と答える。

さらに村上が「ああ、裏かぶりのせいで出れなかったってこと?」と返すと、野田は「まずは裏かぶり。さらに、あと、その生放送中の時間帯に、大宮ライブ……」と「大宮ラクーンよしもと劇場」でのライブがあったと説明し、村上の笑いを誘ったのだった。

マヂカルラブリーは大宮での劇場を盛り上げるべく結成された「大宮セブン」のひと組ということで、野田は「大宮出ないってことはないですからやっぱりね。『大宮へ行こう!』」とコメント。村上が「大宮へ行こう…、最終回じゃない、通常回(笑)。通常回が、『学校へ行こう!』の最終回に勝ったということですね」と問いかけると、野田は「そういうことになりましたね(笑)。大宮は強い!」と答えたのだった。