新ドラマで新たな才能を発揮する嵐・相葉雅紀

新婚の嵐の相葉雅紀が主演するテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「和田家の男たち」が22日にスタートし、初回の世帯平均視聴率は6.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

息子(相葉)、父(佐々木蔵之介)、祖父(段田安則)の3世代がそれぞれ異なったメディアに携わっているマスコミ一家の「和田家」を舞台に、男だらけの家族が織り成す異色のホームドラマ。

「放送時間帯は午後11時台だがなかなかの好発進。相葉が9月に結婚したので注目度がアップし、その効果が表れているのかもしれない」(テレビ局関係者)

今作では家族3人が食卓を囲むシーンが多く登場。3人が繰り広げる丁々発止の会話劇に加え、毎回食卓に並ぶおいしそうなご飯の数々も見どころとなっている。

初回で登場したメニューは「ミルクすき焼きマキアート」。すき焼きの仕上げに牛乳を混ぜる、という斬新なアイデアが披露され、そのアイデアの発案者は、相葉演じる和田優の祖父・寛(段田)。

https://www.instagram.com/p/CVUyR9Bpqz_/

同日からインスタグラムアカウント「優クンの台所」が開設され、ドラマの中で相葉演じる優がふるまうメニューの数々が投稿されることが決定。初回放送終了の時点で、すき焼きのほか、佐々木が演じる父をねぎらったちくわを使ったおつまみも投稿された。

「相葉が登場するわけではないのに、すでにフォロワーは3万人に到達。おそらく、第2話以降もフォロワーは増え続けることになりそうで、いずれ、レシピ本の発売もあるのでは。相葉の新たな才能が発揮される形となったが、日ごろから家庭でも自らが台所に立って料理をしているのでは」(芸能記者)

相葉ファンにとっては見どころたっぷりの新ドラマだったようで、視聴率も期待できそうだ。