元SMAP中居正広が引退目前の滝沢秀明を気遣う理由

年内で芸能界を引退する滝沢秀明がディナーショー「Tackey X’mas Show 2018~with you and me~」を開催した。

今年で3度目だが、引退のため今回が最後となる。12月5日から、滝沢の地元である八王子市の京王プラザホテル八王子でスタート。名古屋(ホテルナゴヤキャッスル)、東京(新高輪プリンスホテル)、神戸(ホテルオークラ神戸)、広島(リーガロイヤル広島)の全国5会場、7公演を行う。ディナーショーのチケットは4万3000円。ファンクラブ会員のみ。

17日の名古屋では、年末の出演番組の紹介。それによると、19日には事務所の先輩TOKIOの番組フジテレビの「TOKIOカケル」に登場。29日は伝説の番組「8時だJ」が一日限りの復活となる「超豪華!!最初で最後の大同窓会!8時だJ」がテレビ朝日系で放送。そして、28日には中居の番組「中居正広の金曜日のスマイル」に出演することなどを話した。

滝沢は「今回の件が報道されて、一番最初に連絡をくれたのは中居くんでした。『滝沢やファンの子がしっかり納得のいく花道を飾れるように協力する』と。一番優しく頼りになる先輩です」と話した。

また、20日の新高輪プリンスホテルでは、「(中居さんは)滝沢・翼2人と、2人のファンのことをすごい考えてくれています。今の僕たち(タキツバ)は文章でいったら点で、まだ丸が書けていないということを言われました。(滝沢が)自分の言葉でファンに伝える時間を作るから、ということで金スマにお呼びいただきました」と語った。

なぜ中居がそれほどまでに滝沢に気を掛けるのか。

ジャニーズウォッチャーは「中居は自身の解散時のことがあったからこそ、タッキー&翼にはしっかりと解散をしてほしかったのでしょうね」と指摘する。

中居は誰もが知る国民的アイドルSMAPの一員だった。SMAPは2016年12月31日に解散。解散の理由はメンバーから語られることはなかった。また、特別番組や25周年記念コンサートなどもなかった。解散に関して触れた唯一のテレビ放送は、SMAP5人で出演していたフジテレビ「SMAP×SMAP」だけ。しかし、最終回は過去の映像を放送が主だった。その中で、事前収録で5人で「世界に一つだけの花」を歌った。

同ウォッチャーは「その時の中居くんの姿が忘れられません。歌い終わった後に一人だけ後ろを向き涙をぬぐってました」。

また、中居がメインパーソナリティーを務めるラジオ番組では、解散目前の31日午後11時放送。中居はラジオの最後に「慎吾! 剛! 吾郎! 木村! SMAP! じゃーねー! バイバイ!」と絶叫した。

滝沢には引退まで、完全燃焼してもらいたい。それが中居の先輩としての気持ちなのだろう。(二浦誠)

*画像参照 テレビ朝日宣伝部公式twitter @tv_asahi_PR

関連記事

ページ上部へ戻る