新作でひと皮むけた東出昌大

俳優の東出昌大、女優の奈緒らが9日、都内で行われた映画「草の響き」(斎藤久志監督)公開記念舞台挨拶に出席したことを、各スポーツ紙などが報じた。

佐藤泰志さんの同名短編小説が原作。心に失調をきたし、妻(奈緒)と二人で故郷の函館へ戻ってきた和雄(東出)が、治療のために街を走り始め、懸命に生きようとする姿をまざまざと描いている。

記事によると、出演者は監督からオーダーされた“ナチュラルな演技”に苦戦したとのだとか。東出は「みんな“芝居をしないということ”に、どうやったら到達できるのかって模索していた日々だった。でも、お芝居ってそもそもがウソですからね」。

奈緒も、「すごく苦労しました。初日からその壁にはすごくぶつかりましたし、撮影中もずっと(役を)模索し続けて、手探りで過ごした記憶があります」と語ったという。

奈緒は当初、東出が「すごく怖かったんですよ!」と告白。「全然悪い人じゃないんですけど」と笑顔でフォローしつつ、徐々に距離を縮めたのだとか。

東出は、「奈緒さんは単純じゃなくて、本当に強くあろうとずっと心掛けてらっしゃる方なんだなと思いました」、と感心していた。

「クランクインしたのは昨年の11月で、東出が杏と離婚してから初仕事。一連の騒動で、いろいろ考えることがあったようで、すっかり中身が変わったようだ。それに加え、監督からのなかなかハードルが高い要求。役者としてひと皮むけたようで、今後もオファーは絶えないはず」(映画業界関係者)

来年は人気シリーズの最新作「コンフィデンスマンJPー英雄編ー」、徳川慶喜役で出演する「峠 最後のサムライ」が公開。今後は、映画が主戦場になりそうだ。