ツアー継続でファンクラブ会員のチケット当選チャンスが拡大した嵐

人気グループ「嵐」のコンサートツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」が23日、東京・文京区の東京ドームで行われ、同ツアーが来年いっぱいをかけて、日本の音楽界史上最大規模となる全50公演、総動員数237万5000人の“超・アニバーサリーツアー”として継続されることを、各スポーツ紙が報じた。

各紙によると、本番前に行われた会見で櫻井翔(36)が、「『and more』と呼んでいた日程についてお伝えしたいと思います」と、オフィシャルサイトで“予告”していた表記に触れ、「追加公演という認識ではなくて、『5×20』ツアーの全貌をやっと発表できます」と切り出したという。

続けて、「ありがたいことに我々のコンサートは近年、1つのツアーでファンの方全員に観ていただくことが難しかったところ、どうにかすべての方に少なくとも1回は観ていただけるツアー日程を組めないかとずっと考えてきました」と前置き。

そのうえで、「現段階で発表しているのは18公演ですけど、これに32公演を合わせた全50公演。来年末までかけてやっていきたいということで、『5×20』ツアーを改めて発表させていただきます」と宣言したというのだ。

「昨年のツアーまでは、すでに潰れた某転売サイトで1枚50万円などという超高額チケットが当たり前のように転売されていた。マスコミ関係者ですら、希望した日のチケットが取れない状態で、ケタ違いの“プラチナチケット”となっていた」(芸能記者)

しかし、チケットの高額転売を規制する法律が成立。そんな背景も後押しして状況は一変したようだ。

「嵐のファンクラブ会員数は200万人ほどと言われている。そのため、今ツアーの動員数だと1人1回は当選する計算。そのあたりをジャニーズも熟考し平等に当選するように配慮するはずだ」(同)

これをきっかけに、さらにファンクラブの会員数を伸ばしそうだ。(竹田次郎)

詳細 https://www.johnnys-net.jp/page?id=consta&artist=10#53

関連記事

ページ上部へ戻る